OB訪問 2.0

就職活動において、OB訪問は意味ないのでは、とふと疑問に思うことがあると思います。かくいう自分も見ず知らずの社会人に頭を下げて、バイトや授業の時間の合間を縫って忙しい社会人とアポイントをとり、緊張しながら普段食わない少し良いごはんを食べて、会社に対する質問などをする、というOB訪問が結構苦痛でした。

ただ、OB訪問をさぼると就職活動で結果がついてこない可能性があります。OB訪問は割と重要だったりするのです。OB訪問が重要であるのは以下2つのポイントからです。

■OB訪問で学生に目星をつける企業がある

■会社への志望動機を練る格好の場所である

それぞれの項目に関して、以下で言及したいと思います。

■OB訪問で学生に目星をつける企業がある

OB訪問はリクルーター制度と異なり、基本的に採用に影響しないことが明言されています。これに関してはどこの企業でもそうです。ただ、就活を進めれば普通にわかりますが、企業は平気で嘘をつきます。OB訪問が全く採用に関係ない企業はほぼOに近いです。

たとえば商社はOB訪問で○×をつけるところが多いみたいです。私は住友商事の面接がOB訪問の評価がよかったためか、1次面接が免除でした。

他でもマリン等の保険会社、銀行も選考に影響することがあるとよく聞きます。会社によっては若手にするOB訪問が全く意味ない場合はあるかもしれません。しかし中堅どころの社員や、あわよくば役員との面談で内定に1歩でも2歩でも近づくことは往々にしてあります。

もちろん、行くだけでは目星はつけてもらえません。こいつと一緒に働きたいと思ってもらう必要があります。また、他の学生と一味違うなとも思ってもらう必要があります。私は他の学生と差別化を図るためにOB訪問では毎回3つのことを意識していました。

この続きをみるには

この続き:2,821文字

OB訪問 2.0

キラキラ地獄エリート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

就職活動2.0

就職活動に関するアドバイスです。得た収益は孤児院にSwitchを寄付する金額に全額突っ込む予定です。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。