トルタル(EPUB3電子書籍)の読み方


ぼくが関わっている電子雑誌トルタルはEPUB3というフォーマットで作成されており、現在、ほとんどの電子デバイスで読むことができます。
とはいえまだ普及し始めて間もない形式なので「読めない」「分からない」という方も少なくありません。そういうときは、以下の手順をお試しください。最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、一度設定してしまえば大丈夫。二度目以降はカンタンに読めるはずです。(2014年8月31日更新。状況が変わったら適宜直していく予定です)

<ダウンロードが上手くいかない>
トルタルは数M程度の大きさですが、回線状況やデバイス、アプリの調子などにより、ダウンロードがなかなか進まないことがあります。
(ケース1)スマホやタブレットでダウンロードできない。
 →解決方法 EPUBを読むための電子書籍リーダ(アプリ)は入っていないせいかもしれません。心当たりのある方は下の<読み方が分からない>を読んで、まず電子書籍リーダをインストールしてください。無料ですぐ入手できます。
(ケース2)ダウンロードがちょう遅い
 →解決方法 ブラウザ(safaliなど)からダウンロードURLを開くと上手くいきます。それでもダメな場合は、場所・回線・時間を変えて試して下さい。トルタルはいつでもどこでも無料です。

<読み方が分からない>
トルタルを読むためには、EPUB3を読むための電子書籍リーダ(アプリ)が必要です。ほとんどのデバイスで無料ソフトがたくさん用意されているので、この機会にぜひインストールしてみてください。トルタルを読むのに良さそうなアプリの導入手順は以下のとおりです。

●iPhone/iPad/iPod touch/Macには、iBooksがオススメです。

AppStoreからiBooks(無料)をインストールしてください。ダウンロードしたトルタルを「iBooksで開く」でOKです。最近Macでもこのアプリが使えるようになりました。

●Android端末(スマホ、Nexiusなどのタブレット)には、Himawari Readerがオススメです。
最初にHimawari Readerというアプリをインストールし、トルタルのダウンロードリンクをクリックして「HimawariReader(その他のリーダー)で開く」を選んでください。無料版と有料版があります。どちらでもOK。

<参考>Himawari Readerがインストールできない、ポップアップが出ないという方にはStarBooksとMoon+Readerをひとまずオススメします。(注)機種やOSのバージョンによってかなりバラツキがあるようです。よいアプリがあったら教えて下さい。

●Windowsパソコンには、Readiumがオススメです。
(導入手順はこんな感じです)
Google Chromeという無料ブラウザをインストールする。
Google ChromeからChromeウェブストア内のReadiumのページを開く。
右上にある+無料ボタンをクリックし、ポップアップ画面の「追加」を押せば、導入完了。
(トルタルをReadiumに入れる)
Readiumを起動(ChromeのブックマークバーにあるAppsを押し、readiumを選べばOKです)
右上のファイル追加(+と本を開いた形のボタン)を押す
「webから」のURL記入欄にトルタルのダウンロードリンクURLを入力。「本の追加」を押す。
ダウンロードが完了したら、トルタルの表紙アイコンをクリックすればOKです。
(上手くいかない場合はいったんトルタルのファイルをダウンロードしておき、「webから」の下にある「ローカルファイルから」を押し、ダウンロードしておいたファイルを選んでください)
・ブラウザの大きさを変えると、レイアウトを調整できます
・フォントサイズなどの微調整は、右上の各種設定ボタンからできます
・ReadiumはMacでも利用できます

<Windowsパソコン・Mac参考>
EPUBReaderもつかえます。ただし動画はYoutubeでの閲覧になります。
(EPUBReaderの導入手順)
Firefoxという無料ブラウザをインストールします。
FirefoxからEPUBReaderのサイトを開き、Installタブを押し、add to Firefoxボタンをクリックで、完了です。
(EPUBReaderにトルタルを入れる)
ダウンロードしたトルタルのファイルをドラッグして、Firefoxのアイコンの上にドロップすればOK。

<Mac参考>
Macの方は、Murasakiでも読むこともできます。
Murasakiのサイトからダウンロードできます。
(最新版は有料ですが、無料の旧バージョンでも大丈夫です)

上記以外のデバイスでの閲覧状況、オススメEPUBリーダ情報がありましたら、教えてください。

以上、どうでしょうか。お役に立てば幸いです。

電子雑誌トルタル バックナンバー 公式Facebookページ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

古田靖

noteでトルタル(暫定版)

電子雑誌トルタルに関係したnoteをまとめていってみます。どうなるかな

コメント1件

windwsパソコンの場合は、現状kinoppyの方が読みやすいというアドバイスをいただきましたー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。