娘が弟をイメージして作ったカブトムシの歌

息子(2歳)は、オットに似て頭がおおきくて、かたい。
自分でもそれを自覚していて、石頭を武器に喧嘩をしかけてくる。

娘(5歳)は弟に頭突かれて大粒の涙を流すことがあるのだが、石頭の弟をイメージして、こんな歌詞で歌をうたっていた。

燃えろ 燃えろ カブトムシ
炎 目指せ カブトムシ

夢を 目指せ カブトムシ
炎の 国へ

(リフレイン)

頭を押し付けて相手を圧倒しようとする姿をカブトムシに重ねたようだ。
カブトムシになった弟が炎の国の王様になろうとする様を表現しているらしい(笑)。

ちなみに、これは月の女神さまが作った歌であり、わたし(ママ)は歌ってはいけないのだそうだ。(音痴すぎるから聞きたくないらしい)。わたしが気に入って口ずさんでいたら、もう二度と歌ってあげない、と宣言されたので、忘れないようにnoteにメモしておくことにした。

多分、「仮面ライダージオウ」と「ドラえもん のび太の月面探査記」の世界観から影響を受けていると思われることも記録しておこう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!
4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。