口だけの多様性 #この髪でも大人やれてますバトン

「#この髪でも大人やれてますバトン」

駒崎さんからバトンを貰ったので、僕も教室にリアルを届けたいと思います。

中学二年生で初めて髪を染めて、先生に恫喝されました。

学校校則の意味を理解できずに卒業しました。
そしてまだ、理解できていません。

禁止の理由は「ルールだから」「秩序が大事だから」「お前に許したら、他のやつにも許さないといけないから」。。。

それって結局「説明するのがめんどくさい」ということですかね。



パンテーンが、#この髪どうしてダメですか というハッシュタグのもと、個性を育む現場で、個性を殺し続ける「化石化したルール」に対してメスをいれているようです。

自身も #就活をもっと自由に の際は一緒にメッセージを発信させていただきましたが、
#HairWeGo というブランドメッセージに狂ったように忠実に、それを体現しようとしてる。

変ですよね。既に人気ブランドだし、適当にきれいな女優さんに「つるつるー」とか言ってもらっとけば売れるのに。

攻めて燃えたらめんどくさいじゃんと。ただ、燃えるどころか、昨年から変化のための議論が巻き起こりっぱなしだし、世の中は勇気ある個人のアクションが連鎖し始めている。



狂気を感じるんですよね。

「多様性」ってほとんどは口だけで、現実は教室に限らず、無意味な同調圧力にまみれてて、キレイゴトでなくそんな才能が死に続ける社会を変えたいんだと思います。

今回は、地毛証明書に異議を唱える署名が10000件以上集まってるようです。勝手に。

めっちゃかっこいいやん。



「社会に出たとき困るから」と、知らない社会のことを「社会を知らない大人」に言われて、知らないから言い返せなくて悔しい思いしているやつへ。

わたくし、この髪で省庁の人とも、東証一部上場企業の人とも、大学のセンセイとも毎日楽しく仕事してます。

好奇心と個性を大事にしてください。学生の頃に戻りたいって言ってる大人は無視でいいです。
学校の外は毎日カオスでアドベンチャーです。

学生のみなさん。仕事、おもろいよ。



「#この髪でも大人やれてますバトン」、気になる方がたくさん浮かびましたので、皆さんにバトン渡します。

・野菜のグラビアでも有名なフリースタイル僧侶 稲田 瑞規 (Mizuki Inada)
・元TENGAの広報で今はフリーで活躍 くどう まりな
・そうだんドットミーでおなじみ 金井 芽衣 (Mei Kanai)
・改革者 法政大学教授タナケン先生 田中 研之輔 (Kennosuke Tanaka)
・田端さんも一目置くGounite起業家 福本 真士 (Shinji Fukumoto)
・アウトデラックスでお馴染み女子大生起業家(金髪) 高桑 蘭佳 (Ranka Takakuwa)
・ルブタン Yuzo Nishijima
・ダンスシーンとビジネスを結ぶイノベーター 樊 旭 (Akira Han)
・社会人になって金髪に CRAZY WEDDINGの 藤沢 和徳 (Kazunori Fujisawa)
・逆につるつるを売りにしている代表世話人 杉浦 佳浩 (Yoshihiro Sugiura)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

怒りを愛に変えたいのです。今回も憎しみが混入しました。
8

Kodai Teraguchi

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。