見出し画像

就活に、いや採用に透明性を #ES公開中


「対策してくる学生って、何か嫌なんですよねぇ」


2年前、僕が今の会社で営業をしていたときに、商談相手の新卒採用担当の人に言われた言葉を、今でも覚えている。

その時は何を言ってるのか理解できなかった。今は、悲しいかな、理解できるようになった。


その人は、対策する学生が嫌なんじゃなかった、進化することが嫌だったんだ。


今は、そう解釈している。


新卒採用マーケットは、何十年間、ずーっと進化が止まっている。原因はシンプルだ。

①毎年、就活生は「素人」だから(当たり前)
②ずっと新卒採用だけやってる人事は、毎年「素人」相手に仕事できるから
③職業選択という大事な意思決定をするには、情報があまりに不透明だから

そして、①、②の状態が一向に改善しないボトルネックは明らかに③だ。

「情報が不透明であること」


これがこのマーケットの進化を止めている。

これまで、就職活動において学生がアクセス可能な情報は両極端だった。


脚色された自画自賛求人情報と、真偽不明の匿名の個人によるゴシップ


これだけの情報で、いきなり職業選択を迫られても到底無理な話だ。


他の産業では「嘘がバレる」のはすでに当たり前


飲食マーケットにおいては、食べログやRettyが生まれ、ぼったくり飲食店が減った。認知と体験のネガティブなギャップはレーティングを下げていく。

結婚式マーケットにおいては、みんなのウェディングが悪徳結婚式場を。

不動産マーケットにおいては、マンションノートが悪徳不動産屋を。

Amazonしかり、Airbnbしかり。

他の産業では、個人が意思決定の質を高められるように、マーケットが進化してきた。体験をした個人が確からしい情報をストックし、それを別の個人が参考にして、また体験のログを残す。法人は言動不一致をごまかすことができなくなり、結果嘘がバレる。


採用マーケットはどうだろうか?


「若手のうちから活躍できます!」

「アットホームな社風です!」

「成長できるインターンを提供しています!」

「女性が活躍しています!」

求人広告には今日も美辞麗句が並ぶ。かっこいい採用サイトがいっぱいある。本当かもしれないし、嘘かもしれない。

ただ、これの真偽をいちいち確認する時間と気力のコストは、学生にとってあまりに大きい。特にキャリア教育の土壌が発達しなかった(しなくてもよかった)この国においては、ほとんどの学生がキャリアイメージを持てないまま、一瞬で一生モノの選択をしなければならない

「やりたいことがわからない」

悩まなくていい。当たり前だ。仕事の疑似体験の機会がなかったんだから。

じゃあ、どうすれば「嘘」を見抜けるのか。


ぼったくり採用をなくすために


企業は大きく4つに分けられると考えている。

就職活動において、学生の目に飛び込んでくるのは上半分だ。いわゆる就職人気ランキングは札束の叩き合いで決まっている。不器用企業には比較的小規模な企業が多い。ノーチャンスだ。

僕らのような新卒マーケットにいるプレイヤーは、本来なら、嘘つき企業の嘘をちゃんと開示し、不器用企業に光をあてることをしなければならない。

ここにジレンマがある。嘘つき企業はけっこうお金持ちだ。湯水のように「学生への見せ方」にお金を払う。お金のためだけに嘘をつく求人メディアなんていっぱいある。ただ結局、中身が伴っていないので、新入社員はすぐに辞めていく。

その事実は、これまでは次の年度の素人就活生には(一部の先輩のツテがある人にしか)伝わらなかった。毎年同じ悲劇が起きるのはこのためだ。


VORKERSという救世主


昨年、国内のHR業界で最も話題を呼んだニュースのうちのひとつが、リンクアンドモチベーションによるVORKERSの買収だった。リクルートのグラスドア買収(海外の口コミサイト)と並んで業界を揺るがす大きなニュースだった。

VORKERS 働きがいのある企業ランキング2019

これでやっと、採用マーケットは「嘘がバレる」ものになり始めようとしている。

僕らも当然、クチコミを貯めている。

学生は、企業のアピール内容と、選考を受けた先輩のクチコミ、社員のクチコミ、退職者のクチコミを見比べることができる。矛盾する点や、懸念点があれば、選考時に確認することができる。

例えば、オワハラ(他の企業の選考を辞退しなければ、選考を進めないなど)をしている企業は、ワンキャリアのレーティングが著しく低い。食べログでいうと1.0だ。「他の店に行かないと誓わないと料理が出てこない」そんな店には誰も行きたくない。

2月にNewsPicksとVORKERSとONE CAREERでちょっと変わったコラボをしてみた。


学生の人気度 × 社員の働きがい度

VORKERSとONE CAREERの持つデータを掛け合わせて、採用プロモーションと社員評価の一致状況を分析した。いわゆる就活ランキングとは全く異なる結果になった。是非見ていただきたい。


ではなぜ #ES公開中 なのか


僕らは、就活がもっと透明なものになることを願っている。

シンプルに「書き方」を身につける時間を、「自分が書く内容」と向き合う時間に使ってほしい。そう願っている。このマーケットはとにかく学生にとってノイズが多い。

「絶対に受かるエントリーシートの書き方!」とか、不安につけこんだ適当な内容の就活コンサルタント(笑)の本が書店には何十冊も並んでいる。てテキトーな就活塾(笑)の月謝は10万円を超えるものもある。

そんな「就活でしか使えない方法論」に、大事な時間とお金と気力を使ってほしくない。

自分の過去について振り返ってみたり、未来について考えたり、仲間とそれを語ってみたり、社会に出て少し冒険してみたり、もっと大事なことに使ってほしいのだ。


でも、なぜESなのか?


この国の雇用を、まず新卒採用のマーケットをもっと透明性のあるものにしたい。そう願ってこのメッセージを発信している。

でも、それをそのまま言っても「そうだよね」で終わる。

「就活のブラックボックスをなくすべきだ!」とか

「企業はもっと学生のキャリアに向き合うべきだ!」とか

「採用はフェアにやるべきだ!」とか

もう、実行意志のない夢見心地の綺麗事は、聞き飽きたんですよ。

何も変わってないじゃん。ずっと同じこと言って。

「就活のブラックボックスをなくすべきだ!」⇨「そうだそうだ!」

「採用は透明性をもってやるべきだ!!」⇨「そうだそうだ!」

「じゃあ、例えばES公開してもいいですか?」⇨「う、コピペが増えるじゃないか!」


心から、そうならないことを願っている。


抽象的な美辞麗句だけ言ってても何も変わんない。言ってる自分が気持ちよくなってるだけ。

本当に就活とか雇用が透明化してフェアになるのを望むなら、何か具体的なアクションおこさないと。何も変わらない。

ぶっちゃけESは超各論です。起爆に過ぎません。

あ、ちなみに今はIBMという企業が開発したワトソン君という優秀なAIがいます。ワトソン君すごい賢いです。コピペそっこーバレるので、内容丸パクリは悪手です。書き方は参考に、内容は自分で考えてくださいね。

話を戻します。

上位概念として、このアジェンダを実行していきます。


僕らはこれから、これに沿っていろんなことをやり続けます。

全て、この国の雇用に透明性をもたらすためにやります。まずは、 #ES公開中 に対する社会の反応を見てみたいと思います。

少しでも賛同いただけたら、力を貸してください。声を聞かせてください。アクションを起こしてください。


この国の雇用を、もっと透明なものにするために。


学生の皆さんへ

ESに関する本音や、透明化したほうがいいと思うことなど、是非教えてください。きっと言いにくいことがたくさんあると思います。#ES公開中 がついたツイートは全部見ます。今後のために、声を聞かせてください。

渋谷の銀座線の改札付近にあります。近くにいますので遠慮なく声かけてください。


企業で採用に関わる皆さんへ

学生が「受かるため」ではなく、「キャリアを考えるため」に時間を使ってほしいと考えています。就活の透明化や、学生に対する応援メッセージがあれば、Twitterの #ES公開中 のツイートで、お寄せください。#ES公開中 のツイートは全部見ます。

Twitterアカウントはないけれど、応援メッセージをいただける企業の方へ、ONE CAREERや僕のTwitterアカウントでメッセージを伝えます。
メッセージをいただけると幸いです。


応援してくださる皆さんへ

是非、共に意見を発していただけると嬉しいです。今後、就活や、雇用の透明化がどのように進むのがよいか。透明化しない問題点や、提言。ご感想など、なんでも結構です。 #ES公開中 でのツイートは全部見ています。


最後までご覧いただきありがとうございました。


ソーシャルアカウントは解放しています。気軽に遊びに来てください。

▼Twitter

▼Facebook


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

怒りを愛に変えたいのです。今回も憎しみが混入しました。
206

Kodai Teraguchi

ONE CAREER 仕事選びに透明性を。ソーシャルムーブメントの可能性に懸けてる。noteは「怒り」を「愛」に進化させる実験。ことばといのちについてよく書いています。Twitter▶https://twitter.com/telinekd

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
4つ のマガジンに含まれています

コメント2件

寺口さんの「企画+行動」力、大好きです!僕なりに思考して発信することは微力ながらしていくつもりですが、具体的にお手伝いできることがありそうだな、と感じた時は、即参加したいなと心構えしておきます。仕事って楽しいし、キャリアを積み上げていくのって、目指す山を歩きながらルート変えたり、登る山変えたり、ほんと長い目で見て前向きに取り組むからこそ、辛いのに挑んで見たくなるモノなので、それをなんとか若者に伝えたいです。
いつも本当に有難うございます。言ってるだけじゃ何も変わらないし、アクションを起こさないとと常々思っていました。やはり、それ自体はすごく各論であっても、具体性のあるアクションのインパクトはどんな名言よりも大きいのだということを日々感じています。これからは、抽象化されたアジェンダを浮き彫りにするために、個別具体のアクションを継続、新規アクションの実行が必要です。是非お力を貸してください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。