見出し画像

#93 手まり「間(あいだ)の菊」の作り方

#手まりの作り方 #花手まり #菊 

間の菊


この模様は、東北地方の方が好んで作るデザインです。
基本の菊は、地割(じわり)の部分をかがります。
そして隣の花弁とを交互にかがり、菊模様を作ります。

画像1


しかし、この間の菊は、1段目の花弁を地割と地割の間をかがります。
その為、間の菊と呼ばれます。
基本の菊は、1段目をかがるのに、手まりを2周かがる必要があります。
間の菊は1周でかがり終えます。

画像2

画像3


慣れれば早くかがる事が出来ますが、地割のラインを独立させてかがる必要があります。
地割のラインを花弁をかがるときに、一緒にかがらないようにする事が大切です。


「間の菊」の作り方

この続きをみるには

この続き:151文字

#93 手まり「間(あいだ)の菊」の作り方

てまり-ねこ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 現在、アトリエ引っ越し予定です。 その為の諸費用にあてさせていただきます。

スキ!ありがとうございます。
1

てまり-ねこ

手まり職人をしています。 note では、詳しく丁寧に作り方の紹介をしていきます。 もっと詳しい説明が必要な方は 私のfacebookから、声をかけてください。 https://www.facebook.com/sonomi.nanahara
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。