魔術極奥秘儀実践マニュアル基本編

【最終更新日】2018年9月18日

当マニュアルは以下のサイトの運営者によって発行されています。

占いとか魔術とか

黒魔術の書

私が関係している魔術結社の基礎的資料を加筆修正追加して誰にでもわかるように書き起こしたものです。

公表については、全てを丸ごと公表しないことを条件に特別に許可を得ています。ただ、今後の販売状況によっては削除要請があることが想定できるため、ご購入はお早目にお願いします。

原文は英語でなおかつ非常に難解で深遠、かつ複雑なものです。これを実践すれば革命的な効果が得られるのですが、初心者には難し過ぎます。

そこで、多少効果は落ちても誰でも直ぐに実践かつ効果が得られ、魔術の基礎知識や霊的資質が得られるよう苦心惨憺して編集してみました。

着手したのが昨年2016年の6月で昨年末に完成の予定だったのですが、なかなか思ったようにまとまらず追加修正削除の作業を繰り返し、大幅に遅れてしまいました。

実はまだまだ十分とは言えず、今後も追加修正削除の作業を続け完成度を高めていきたいと考えております。

当テキストの内容の概略は以下の通りです。

■場所の聖別

魔術を実行するときはもちろん、タロット占いをするときも場所の聖別は不可欠です。もう一つ忘れてはならないのが肉体の聖別です。

魔術をやる場合、まず一番最初にやらなければならないことがこれです。聖別だけは絶対に省略することはできません。

■魔術の実際

魔術儀式の多くが四大元素を表すことです。四大元素は万物照応の最も基本となるもので、物質的な欲望であれえばほぼ叶えることができます。

次に生命の樹を使って目的を象徴で表します。

この項目を読むことで万物照応理論の活用法がわかり自分で魔術儀式を組み立てることができるようになります。

■インセンス

インセンスについての簡単な説明です。

■マジカルオイル

マジカルオイルについての説明、および絶大な効果がある使い方。

■魔法円

魔法円は護符魔術など一般的な儀式魔術では絶対に必要というわけではないのですが、できればあった方が安全です。

何かしらの霊(善悪問わず)を召喚する場合は絶対条件です。オーラを霊的な敵対勢力から守るためです。

とある魔術結社で実際に行われている魔法円の作り方をつぶさに解説します。四大元素を召喚して完全な霊的バリアを形成する方法です。

■呪文や祈祷文について

旧約聖書によると、宇宙は言葉によって作られたとされます。従って神が言葉によって宇宙を創造したように、我々人間も言葉によって自分が望む物事を創造することができます。

ある特定の言葉繰り返すによって霊界に霊界を支配することができ、この世に希望することを現出させることができるのです。

マントラや絶対的効果があるアファーメーションの活用法も解説しています。また、呪文によって財布やスマホなど肌身離さず持ち歩くものにパワーを注入することもできます。

■時間帯について

時間帯については、ブログで様々取り上げてきましたが、ここで改めてまとめておきます。

■望むことの完全なイメージを描く

完全なイメージとは、単に想像するとかではなく、その最終結果を肉眼で見るのと寸分たがわず幻視することです。そのためには、以下の霊視が必要です。

■霊視と霊聴

これができないと大きな成果は望めません。逆に言えば、これさえできれば多少の手抜きなど問題なく即時効果を発揮します。

有名な自律訓練法の特殊訓練にヴィジョンの開発がありますが、非常に長い時間がかかりほとんどの人は挫折するでしょう。

■魔術は複数人でやった方が効果が高い(参考)

■方位と磁場の中心

魔術は目的によって異なる方位を使います。主に祭壇を置く方角です。儀式の目的に適う方位に祭壇を置くようにします。

これを知ってる人は極めて少数なため、その他多数の人たちは思ったような成果が上げられません。

■人工エレメンタル(参考)

霊視力を用いて創造したいエレメンタルを幻視しエネルギーを吹き込み物質化させて人口エレメンタルを作ることができます。

■聖守護天使召喚の儀式

聖守護天使の召喚儀式は黄金の夜明け会『生まれなき者の儀礼』などたくさんありますが、そのうちの1つで非常に有効性が確認されている儀式を紹介します。

■心霊現象への対処法

本格的に魔術をやり始めると、必ず遭遇するのが心霊現象です。儀式中に集まってくる場合もありますし、深夜金縛りに合い幽霊を見たりします。

引き寄せや自己啓発屋が完全に無視してるのはこの部分です。魔術でなくても潜在意識の力を引き出して活用しようと思ったら心霊現象との遭遇は避けられません。

これを知らないと霊現象に悩まされ精神に異常をきたす場合があり注意が必要です。

■魔術をやる場所がない人

魔術をやるためには人に見られず一定の広さがある部屋がどうしても必要です。最低限、魔法円が描けて祭壇がおけるスペースです。

ですが、実際に家が狭く家族もいてどうしても魔術をやる場所が確保できない人もいます。そんな人に解決策をご教授します。

■中央の柱及び中央の柱を利用して願望実現する方法

5つの霊的中枢を目覚めさせます。それのみならず、オーラと色と音、生命の樹を確立することであらゆる願望を道具を一切使用せず瞑想だけで実現できる具体的方法を誰にでもわかり即実践できるよう事細かに解説しました。

■神像について

神像については流派によって様々な考え方があります。神像は魔術の効果を大きく左右する重要なものです。ここではどのように神像を使用するか解説します。


この続きをみるには

この続き:20,160文字/画像9枚

魔術極奥秘儀実践マニュアル基本編

天空

4,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

天空

魔術訓練&秘伝知識

魔術は気休めのおまじないと違い、永続的かつ大きな成果を得るために日常的な訓練が欠かせません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。