ひろさん

海外在住9年目 外から見える日本人の活躍や、今の日本を趣味を通じて表現したいと思います。

錦織選手 次戦と最新ランキング

錦織選手は、マイアミオープンで初戦敗退となってしまいました。

しかし昨年も3回戦で敗退しておりましたので、45ポイントを失い10ポイント獲得の、合計で35ポイントの減少となりました。

最新の世界ランキングでは4200ポイントで6位をかろうじて維持することができました。

錦織選手は、昨年のマイアミオープンの次戦から復活を遂げましたので、ここからは昨年の同一大会の成績を上回らなければ、ポイントが

もっとみる

マイアミオープン フェデラー優勝

マイアミオープンの決勝戦が行われ、優勝者が決定しました。

フェデラー選手圧勝で通算101勝目を飾りました。

ATPマスターズ1000での優勝は、37歳にして、超一流の選手でいるという絶対の証明となりました。

素晴らしいの一言です。

しかも、前週に行われているインディアンウェルズでも決勝まで残っています。

インディアンウェルズの大会2週間、マイアミオープンの大会2週間の合計4週間を戦い切っ

もっとみる

マイアミオープンの決勝前夜

マイアミオープンも残すところ決勝のみとなりました。

日本人選手は早期に敗退してしまいましたが、若手の台頭を感じるとても面白い大会となりました。

決勝が終わっていませんので、まだ総括するにはまだ早いかもしれませんが、シャボロワフ選手とアリアシム選手という若い10代の選手がベスト4に残った事は、大きな驚きとなりました。

2人とも360ポイントを獲得しました。

ATP250は優勝したら250ポイ

もっとみる

マイアミオープン 準決勝 選手紹介2

マイアミオープンのベスト4が出揃い、決勝をかけた2試合が本日行われます。

その中の1試合をご紹介したいと思います。

今大会は、ここ数年の中で1番選手の顔ぶれが変わったと感じられる大会です。今までベスト8にも出てこなかった選手が、ベスト8、ベスト4へ上がってきています。

常にジョコビッチ選手、ナダル選手、フェデラー選手がベスト4まで残り、その対戦相手も常連というここ2、3年のトレンドが今後大き

もっとみる

マイアミオープン 準決勝の選手紹介

フロリダで行われているマイアミオープンは、ベスト4のうち2名が決定しました。

今回はこの2名についてピックアップしたいと思います。

アメリカ出身のイスナー選手とカナダ出身のアリアシム選手です。

【イスナー選手】

アメリカ出身の33歳イスナー選手は、昨年のマイアミオープンの覇者です。
昨年32歳にして初のATPマスターズ1000の優勝者となりました。

今回も自国で相性がいいコートという理由

もっとみる

マイアミ・オープン 若手選手の台頭

マイアミオープンは、4回戦が終盤に差し掛かりベスト8が、決まろうとしております。

今大会では、若手の台頭が強く感じられる大会になっています。

これまで長い間ビッグ3やビッグ4と呼ばれてきた選手で残っているのはフェデラー選手1人です。

ビックスリーの選手がトップの座を守り続けてきた時代が終わろうとしている、大きな変革がある年になりそうです。

ベスト8では、20代前半以下の選手が今現在4名残っ

もっとみる