錦織選手7位からどこまでいける!?

今回は錦織選手が、直近の試合でどこまでランキングポイントが稼げて、
何位までいけるのか?というお話をしたいと思います。

結論から言ってしまうと、錦織選手は次戦自力で4位まで順位を上げることができます!

2019年3月4日付け、錦織選手は世界ランキングは7位となりました。先週は6位だったので、1つ順位を落としてしまいましたね。
先週の試合ドバイ・テニス選手権では、2回戦で敗退してランキングポイントを稼ぐことが出来ませんでした。

ですが、心配する必要は全くありませんよ!
錦織選手は、まだまだランキング上位が狙える状態だという事を、分かりやすく説明をしたいと思います。

現在の世界ランキングを見てみましょう。(2019年3月4日付け)

1位 ジョコビッチ選手     10,955ポイント
2位 ナダル選手         8,365ポイント
3位 ズベレフ選手        6,595ポイント
ーーーーーーーーーー4位以降大接戦!!!ーーーーーーーーーーーー
4位 フェデラー選手       4,600ポイント
5位 デル・ポトロ選手      4,585ポイント  
6位 ケビン・アンダーソン選手  4,295ポイント  
7位 錦織圭選手         4,190ポイント  

パッと見てよく分かる通り、4位から7位までの選手はポイント差が非常に少なく大接戦だという事です。
実際にフェデラー選手は先週7位でしたが、前回優勝して4位へジャンプアップしています。

しかも次戦の試合は最大1000ポイント与えられる、マスターズというカテゴリーの試合なので、錦織選手には、1,000ポイントを追加できる可能性があります。

さらに、ナダル選手を除く上位5選手は優勝しても1,000ポイントは追加できません。

なぜかというと、ポイントには失効日があるからです。
昨年稼いだポイントは、翌年の同じ試合の終了時点で失効してしまいます。

次戦インディアンウェルズでは、3選手が大きくポイントを失効します。
言い方を変えると、昨年のインディアンウェルズで好成績を残した選手が、
次戦で獲得したポイントと同じタイミングで以下のポイントが失効します。

昨年優勝  デル・ポトロ選手      1,000ポイント 
準優勝   フェデラー選手         600ポイント
ベスト8  ケビン・アンダーソン選手    180ポイント

錦織選手は、昨年この試合に出場していませんので、なんと失うポイントがありません。

分かりやすくする為に、試合前にマイナスしてしまいましょう。

7位 錦織圭選手           4,190ポイント
6位 ケビン・アンダーソン選手    4,115ポイント  
4位 フェデラー選手         4,000ポイント
5位 デル・ポトロ選手        3,585ポイント 

ほら錦織選手が4~7位の選手で一番ポイントが多くなってしまいますね。
ということは、この4選手の中で次戦で一番成績が高いと、この中で1番順位が高くなるわけです。
(※注:早期敗退の場合は、世界ランキング8位・9位の選手には優勝すると抜かれる可能性があります。)

まずは、今週から始まるインディアンウェルズで頑張ってベスト4以上好成績を残して欲しいと願っています!

その翌週のマイアミオープンで不動の世界ランキング4位を狙える位置へ向かってほしいです!

それから、キャリアハイの世界ランキング3位以上、日本人男子としてグランドスラム初制覇という夢を叶えて欲しいと思っています♪

錦織選手、頑張ってください!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ひろさん

海外在住9年目 外から見える日本人の活躍や、今の日本を趣味を通じて表現したいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。