12天地否(てんちひ)坤下乾上

否之匪人。不利君子貞。大往小來。

彖曰、否之匪人、不利君子貞、大往小來、則是天地不交而萬物不通也。上下不交而天下无邦也。内陰而外陽、内柔外剛、内小人而外君子。小人道長、君子道消也。 象曰、天地不交否。君子以儉徳辟難。不可榮以祿。

否はこれ人にあらず。君子の貞に利しからず。大往き小来る。

彖に曰く、否はこれ人にあらず、君子の貞に利しからず、大往き小来るとは、すなわちこれ天地交わらずして万物通ぜざるなり。上下交わらずして天下に邦なきなり。内陰にして外陽なり、内柔にして外剛なり、内小人にして外君子なり。小人は道長じ、君子は道消

するなり。

象に曰く、天地交わらざるは否なり。君子もって徳を倹にし難を辟く。栄するに禄をもってすべからず。

初六。拔茅茹以其彙貞吉亨。

象曰、拔茅貞吉志在君也

六二。包承。小人吉。大人否亨。

象曰、大人否亨不亂羣也

六三。包羞。

象曰、包羞位不當也

九四。有命。无咎。疇離祉。

象曰、有命无咎志行也

九五。休否。大人吉。其亡其亡、于苞桑。

象曰、大人之吉位正當也

上九。傾否先否後喜。

象曰、否終則傾何可長也。

初六。茅を抜くに茹たり。その彙と以にす。貞なれば吉にして亨る。

象に曰く、茅を抜く、貞なれば吉なりとは、志君に在ればなり。

六二。包承す。小人は吉なり。大人は否にして亨る。

象に曰く、大人は否にして亨るとは、群に乱れざるなり。

六三。羞を包む。

象に曰く、羞を包むとは位当たらざればなり。

九四。命あれば咎なし。疇祉に離かん。

象に曰く、命あれば咎なしとは、志行わるるなり。

九五、否を休む。大人は吉なり。それ亡びなんそれ亡びなんとて、苞桑に繋る

象に曰く、大人の吉なるは、位正しく当たればなり。

上九。否を傾く。先には否がり後には喜ぶ。

象に曰く、否終われば傾く、なんぞ長かるべけんや。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。