9風天小畜(ふうてんしょうちく)乾下巽上

小畜亨。密雲不雨、自我西郊。

彖曰、小畜柔得位而上下應之、曰小畜。健而巽、剛中而志行。乃亨。密雲不雨、尚往也。自我西郊、施未行也。

象曰、風行天上小畜。君子以懿文徳。

小畜は、亨る。密雲あれど雨ふらず、わが西郊よりす。

彖に曰く、小畜は柔、位を得て上下これに応ずるを、小畜と曰う。健にして巽い、剛中にして志行わる。すなわち亨るなり。密雲あれど雨ふらずとは、往くを尚ぶなり。わが西郊よりすとは、施しいまだ行われざるなり。

象に曰く、風天上を行くは小畜なり。君子もって文徳を懿す。

初九。復自道。何其咎。吉。

象曰、復自道、其義吉也。

九二。牽復。吉。

象曰、牽復在中、亦不自失也。

九三。輿説輻。夫妻反目。

象曰、夫妻反目、不能正室也。

六四。有孚。血去{心|易}出。无咎。

象曰、有孚、{心|易}出、上合志也。

九五。有孚攣如。富以其鄰。

象曰、有孚攣如、不獨富也。

上九。既雨既處。尚徳載。婦貞{厂/萬}。月幾望。君子征凶。

象曰、既雨既處、徳積載也。君子征凶、有所疑也。

初九。復ること道による。何ぞそれ咎あらん。吉なり。

象に曰く、復ること道によるとは、その義吉なるなり。

九二。牽きて復る。吉なり。

象に曰く、牽きて復りて中に在り、またみずから失わざるなり。

九三。輿輻を説く。夫妻反目す。

象に曰く、夫妻反目すとは、室を正すこと能わざるなり。

六四。孚あり。血去り{心|易}れ出づ。咎なし。

象に曰く、孚あり。血去り{心|易}れ出づとは、上、志を合わせばなり。

九五。孚ありて攣如たり。富その隣と以にす。

象に曰く、孚ありて攣如たりとは、独り富めりとせざるなり。

上九。既に雨ふり既に処る。徳を尚びて載つ。婦は貞なれども{厂/萬}し。月望に幾し。君子も征けば凶なり。

象に曰く、既に雨ふり既に処るとは、徳積みて載てるなり。君子も征けば凶なりとは、疑わしきところあればなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。