19地澤臨(ちたくりん)兌下坤上

臨、元亨利貞、至于八月有凶。

彖曰、臨、剛浸而長、説而順、剛中而應。大亨以正、天之道也。至于八月有凶、消不久也。

象曰、澤上有地臨。 君子以教思无、容保民无疆。

臨は、元いに亨りて貞しきに利ろし。八月に至れば凶あらん。

彖に曰く、臨は、剛浸くにして長じ、説びて順い、剛中にして応ず。大いに亨りてもって正しきは、天の道なり。八月に至れば凶あらんとは、消すること久からざればなり。

象に曰く、沢上に地あるは臨なり。君子もって教思すること窮まりなく、民を容れ保んずること疆りなし。

初九。咸臨。貞吉。

象曰、咸臨、貞吉、志行正也

九二。咸臨。吉无不利。

象曰、咸臨、吉无不利、未順命也

六三。甘臨。无攸利。既憂之无咎。

象曰、甘臨、位不當也。既憂之、咎不長也。

六四。至臨。无咎。

象曰、至臨、无咎、位當也。

六五。知臨。大君之宜。吉。

象曰、大君之宜、行中之謂也。

上六。敦臨。吉无咎。

象曰、敦臨之吉、志在内也。

初九。咸じて臨む。貞にして吉なり。

象に曰く、咸じて臨む、貞にして吉なりとは、志正を行えばなり。

九二。咸じて臨む。吉にして利ろしからざるなし。

象に曰く、咸じて臨む、吉にして利ろしからざるなしとは、いまだ命に順わざるなり。

六三。甘んじて臨む。利しきところなし。既にこれを憂うれば咎なし。

象に曰く、甘んじて臨むとは、位当たらざればなり。既にこれを憂うれば、咎は長からざるなり。

六四。至りて臨む。咎なし。

象に曰く、至りて臨む、咎なしとは、位当たればなり。

六五。知にして臨む。大君の宜しきなり。吉なり。

象に曰く、大君の宜しきとは、中を行うの謂なり。

上六。敦く臨む。吉にして咎なし。

象に曰く、敦く臨むことの吉なるは、志内に在ればなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。