22山火賁(さんかひ)離下艮上

賁、亨。小利有攸往。

彖曰、賁亨、柔來而文剛、故亨。分剛上而文柔、故小利有攸往。天文也。文明以止人文也。觀乎天文以察時變、觀乎人文以化成天下。

象曰、山下有火賁。君子以明庶政、无敢折獄。

賁は、亨る。少しく往くところあるに利ろし。

彖に曰く、賁は亨るとは、柔来たりて剛を文る、故に亨るなり。剛を分かち上りて柔を文る、故に少しく往くところあるに利ろしきなり。(剛柔交錯するは)天文なり。文明にして止まるは人文なり。天文を観てもって時変を察し、人文を観てもって天下を化成す。

彖に曰く、山下に火あるは賁なり。君子もって庶政を明らかにし、あえて獄を折むることなし。

初九。賁其趾。舎車而徒。

象曰、舍車而徒、義弗乘也。

六二。賁其須。

象曰、賁其須、與上興也。

九三。賁如、濡如、永貞吉。

象曰、永貞之吉、終莫之陵也。

六四。賁如{白|番}如。白馬翰如。匪寇婚媾。

象曰、六四當位疑也。匪寇婚媾、終无尤也。

六五。賁于丘園。束帛戔戔。吝終吉。

象曰、六五之吉、有喜也。

上九。白賁。无咎。

象曰、白賁、无咎、上得志也。

初九。その趾を賁る。車を舎てて徒す。

象に曰く、車を舎てて徒すとは、義として乗らざるなり。

六二。その須を賁る。

象に曰く、その須を賁るとは、上と与に興るなり。

九三。賁如たり。濡如たり。永貞なれば吉なり。

象に曰く、永貞の吉は、終にこれを陵ぐものなきなり。

六四。賁如たり、{白|番}如たり。白馬翰如たり。寇するにあらず婚媾せんとす。

象に曰く、六四は位に当たりて疑うなり。寇するにあらず婚媾せんとすとは、終に尤なきなり。

六五。丘園に賁る。束帛戔戔たり。吝なれども終には吉なり。

象に曰く、六五の吉は、喜びあるなり。

上九。白く賁る。咎なし。

象に曰く、咎なしとは、上にして志を得ればなり。 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。