20風地観(ふうちかん)坤下巽上

觀、盥而不薦。有孚禺頁若。

彖曰、大觀在上、順而巽、中正以觀天下。觀盥而不薦、有孚禺頁若、下觀而化也、觀天之神道而四時不{戈/心}。聖人以神道設教、而天下服矣。

象曰、風行地上觀。先王以省方、觀民設教。

観は盥いて薦めず。孚ありて禺頁若たり。

彖に曰く、大観上に在り、順にして巽、中正もって天下に観すなり。観は盥いて薦めず、孚ありて禺頁若たりとは、下観て化するなり。天の神道を観るに四時{戈/心}わず。聖人神道をもって教を設けて、天下服す。

象に曰く、風の地上を行くは観なり。先王もって方を省み、民を観て教えを設く。

初六、童觀。小人无咎。君子吝。

象曰、初六童觀、小人道也。

六二 {門<規}觀、利女貞。

象曰、{門<規}觀、女貞、亦可醜也。

六三、觀我生進退。

象曰、觀我生進退、未失道也。

六四、觀國之光。利用賓于王。

象曰、觀國之光、尚賓也。

九五、觀我生。君子无咎。

象曰、觀我生、觀民也。

上九、觀其生。君子无咎。

象曰、觀其生、志未平也。

初六。童観す。小人は咎なし。君子は吝なり。

象に曰く、初六の童観は、小人の道なり。

六二。{門<規}い観る。女の貞に利ろし。

象に曰く、{門<規}い観る、女の貞のとは、亦醜ずべきなり。

六三。我が生を観て進退す。

象に曰く、我が生を観て進退すとは、いまだ道を失わざるなり。

六四。国の光を観る。もって王に賓たるに利ろし。

象に曰く、国の光を観るとは、賓を尚ぶなり。

九五。我が生を観る。君子なれば咎なし。

象に曰く、我が生を観るとは、民を観るなり。

上九。その生を観る。君子なれば咎なし。

象に曰く、その生を観るとは、志いまだ平らかならざるなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。