25天雷无妄(てんらいむぼう)震下乾上

无妄、元亨、利貞。其匪正有{生/目}、不利有攸往。

彖曰、无妄、剛自外來而爲主於内。動而健。剛中而應。大亨以正、天之命也。其匪正有{生/目}、不利有攸往、无妄之往、何之矣。天命不祐、行矣哉。 象曰、天下雷行、物與无妄。先王以茂對時育萬物。

无妄は元いに亨り貞しきに利ろし。それ正にあらざるときは{生/目}いあり。往くところあるに利ろしからず。

彖に曰く、无妄は剛外より来りて内に主となる。動きて健なり。剛中にして応ず。大いに亨りて正しきは、天の命なればなり。それ正にあらざるときは{生/ 目}あり、往くところあるに利ろしからずとは、无妄の往くは、いずくにか之かん。天命祐けず、行かんや。

象に曰く、天の下に雷行き、物ごとに无妄を与う。先王もって茂んに時に対し万物を育う。

初九。无妄。往吉。

象曰、无妄之往、得志也。

六二。不耕穫、不{艸/(巛<一)/田}{余/田}、則利有攸往。

象曰、不耕穫、未富也。

六三。无妄之災。或繁之牛。行人之得、邑人之災。

象曰、行人得牛、邑人災也。

九四。可貞。无咎。

象曰、可貞、无咎、固有之也。

九五。无妄之疾。勿藥有喜。

象曰、无妄之藥、不可試也。

上九。无妄。行有{生/目}。无攸利。

象曰、无妄之行、窮之災也。

初九。无妄なり。往けば吉なり。

象に曰く、无妄の往くは、志を得るなり。

六二。耕穫せず、{艸/(巛<一)/田}{余/田}せざれば、往くところあるに利ろし。

象に曰く、耕穫せずとは、いまだ富まんとせざるなり。

六三。无妄の災あり。あるいはこれば牛を繋ぐ。行人の得るは、邑人の災いなり。

象に曰く、行人の牛を得るは、邑人の災いなるなり。

九四。貞にすべし。咎なし。

象に曰く、貞にすべし、咎なしとは、固くこれを有つなり。

九五。无妄の疾あり。薬することなくして喜びあり。

象に曰く、无妄の薬は試うべからざるなり。

上九。无妄なり。行けば{生/目}いあり。利ろしきところなし。

象に曰く、无妄の行くは、窮まるの災いあるなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。