11地天泰 (ちてんたい)乾下坤上

泰小往大來。吉亨。

彖曰、泰小往大來吉亨則是天地交而萬物通也。上下交而其志同也。内陽而外陰。内健而外順。内君子而外小人君子道長、小人道消也。

象曰、天地交泰。后以財成天地之道、輔相天地之宜、以左右民。

泰は、小往き大来る。吉にして亨る。彖に曰く、泰は小往き大来る、吉にして亨るとは、すなわちこれ天地交わりて万物通ずるなり。上下交わりてその志同じきなり。内陽にして外陰なり、内健にして外順なり、内君子にして外小人なり。君子は道長じ、小人は道消するなり。象に曰く、天地交わるは泰なり。后もって天地の道を財成し、天地の宜を輔相し、もって民を左右す。

初九。拔茅茹。以其彙。征吉。

象曰、拔茅、征吉、志在外也。

九二。包荒、用馮河、不遐遺、朋亡、得尚于中行。

象曰、包荒、得尚于中行、以光大也。

九三、无平不陂。无往不復。艱貞无咎。勿恤其孚。于食有福。

象曰、无往不復、天地際也。

六四、翩翩不富、以其鄰。不戒以孚。

象曰、翩翩不富、皆失實也。不戒以孚、中心願也。

六五、帝乙歸妹。以祉元吉。

象曰、以祉元吉、中以行願也。

上六、城復于隍、勿用師。自邑告命。貞吝。

象曰、城復于隍、其命亂也。

初九。茅を抜くに茹たり。その彙と以にす。征くも吉なり。

象に曰く、茅を抜く、征くも吉なりとは、志外に在ればなり。

九二。荒を包ね、川を馮るを用い、遐きを遺れず、朋亡ぶれば、中行に尚うを得ん。

象に曰く、荒を包ね、中行に尚うを得んとは、光大なるをもってなり。

九三。平らかなるものにして陂かざるはなく、往くものにして復らざるはなし。艱しみて貞にすれば咎なし。その孚を恤うるなかれ。食において福あらん。

象に曰く、往くものにして復らざるはなしとは、天地の際なればなり。

六四。翩翩として富めりとせず、その隣と以にす。戒めずしてもって孚あるは、中心より願えばなり。

六五。帝乙妹を帰がしむ。もって祉ありて元吉なり。

象に曰く、もって祉ありて元吉なりとは、中をもって願いを行なうなり。

上六。城隍に復る。師を用うるなかれ。邑より命を告げんのみ。貞なれども吝なり。

象に曰く、城隍に復るとは、その命乱るるなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。