10天沢履(てんたくり)兌下乾上

履虎尾不咥人。亨。

彖曰、履、柔履剛也。説而應乎乾。是以履虎尾不咥人、亨。剛中正、履帝位而不疚、光明也。

象曰、上天下澤履。君子以辯上下、定民志。

虎の尾を履むも人を咥わず。亨る。

彖に曰く、履は、柔にして剛を履むなり。説びて乾に応ず。ここをもて虎の尾を履むも人を咥わず、亨るなり。剛中正にして、帝位を履みて疚しからず、光明あるなり。

象に曰く、上、天にして下、沢なるは履なり。君子もって上下を弁ち、民の志を定む。

初九。素履。往无咎。

象曰、素履之往、獨行願也。

九二。履道坦坦。幽人貞吉。

象曰、幽人貞吉、中不自亂也。

六三。眇能視、跛能履。履虎尾咥人。凶。武人爲于大君。

象曰、眇能視、不足以有明也。跛能履、不足以與行也。咥人之凶、位不當也。武人爲于大君、志剛也。

九四。履虎尾。愬愬終吉。

象曰、愬愬終吉、志行也。

九五。夬履。{厂/萬}貞。

象曰、夬履、貞{厂/萬}、位正當也。

上九。視履考祥。其旋元吉。

象曰、元吉在上、大有慶也。

初九。素履す。往くも咎なし。

象に曰く、素履の往くは独り願いを行うなり。

九二。道を履むこと坦坦たり。幽人貞にして吉なり。

象に曰く、幽人貞にして吉なりとは、中みずから乱れざればなり。

六三。眇にして能く視るとし、跛にして能く履むとす。虎の尾を履めば咥う。凶なり。武人大君となる。

象に曰く、眇にして能く視るとすとは、もって明あるとするに足らざるなり。跛にして能く履むとすとは、もって行をともにするに足らざるなり。人を咥うの凶は、位当たらざればなり。武人大君となるとは、志のみ剛なるなり。

九四。虎の尾を履む。愬愬たれば終には吉なり。

象に曰く、愬愬たれば終には吉なりとは、志行わるるなり。

九五。夬めて履む。貞なれども{厂/萬}し。

象に曰く、貞なれども{厂/萬}しとは位正しく当たればなり。

上九。履むを視て祥を考う。それ旋るときは元吉なり。

象に曰く、元吉にして上に在るは、大いに慶びあるなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。