24地雷復(ちらいふく)震下坤上

復、亨。出入无疾、朋來无咎。反復其道、七日來復。利有攸往。

彖曰、復亨、剛反也。動而以順行。是以出入无疾、朋來无咎。反復其道、七日來復、天行也。利有攸往、剛長也。復其見天地之心乎。

象曰、雷在地中復。先王以至日閉關、商旅不行、后不省方。

復は、亨る。出入疾なく、朋来りて咎なし。その道を反復し、七日にして来復す。往くところあるに利ろし。

彖に曰く、復は亨るとは、剛反るなり。動きて順をもって行く。ここをもって出入疾なく、朋来りて咎なきなり。その道を反復し、七日にして来復するは、天行なり。往くところあるに利ろしとは、剛長ずればなり。復はそれ天地の心をみるか。

象に曰く、雷の地中に在るは復なり。先王もって至日に関を閉じ、商旅行かず、后は方を省みず。

初九。不遠復。无祗悔。元吉。

象曰、不遠之復、以脩身也。

六二。休復。吉。

象曰、休復之吉、以下仁也。

六三。頻復。{厂/萬}无咎。

象曰、頻復之{厂/萬}、義无咎也。

六四。中行獨復。

象曰、中行獨復、以從道也。

六五。敦復。无悔。

象曰、敦復、无悔、中以自考也。

上六。迷復。凶。有災{生/目}。用行師、終有大敗、以其國君、凶。至于十年不克征。

象曰、迷復之凶、反君道也。

初九。遠からずして復る。悔に祗ることなし。元吉なり。

象に曰く、遠からざるの復とは、もって身を修むるなり。

六二。休く復る。吉なり。

象に曰く、休く復るの吉なるは、もって仁に下ればなり。

六三。頻りに復る。{厂/萬}けれども咎なし。

象に曰く、頻りに復るの{厂/萬}きは、義として咎なきなり。

六四。中行にして独り復る。

象に曰く、中行にして独り復るとは、もって道に従うなり。

六五。敦く復る。悔なし。

象に曰く、敦く復る、悔なしとは、中もってみずから考せばなり。

上六。復に迷う。凶なり。災{生/目}あり。もって師を行れば、終に大敗あり、その国君に以ぶ、凶なり。十年に至るまで征するに克わず。

象に曰く、復に迷うの凶とは、君道に反すればなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。