8水地比(すいちひ)坤下坎上

比、吉。原筮、元永貞、无咎。不寧方來。後夫凶。

彖曰、比吉也。比輔也。下順從也。原筮、元永貞、无咎、以剛中也。不寧方來、上下應也。後夫凶、其道窮也。

象曰、地上有水比。先王以建萬國親諸侯。

比は、吉なり。原ね筮いて、元永貞なれば、咎なし。寧からざるものもまさに来らん。後るる夫は凶なり。

彖に曰く、比は吉なり。比は輔くるなり。下順従するなり。原ね筮いて、元永貞なれば、咎なしとは、剛中なるをもってなり。寧からざるものもまさに来らんとは、上下応ずればなり。後るる夫は凶なりとは、その道窮まればなり。

象に曰く、地上に水あるは比なり。先王もって万国を建て諸侯を親しむ。

初六。有孚比之、无咎。有孚盈缶、終來有它吉。

象曰、比之初六、有它吉也。

六二。比之自内。貞吉。

象曰、比之自内、不自失也。

六三、比之匪人。

象曰、比之匪人、不亦傷乎。

六四。外比之。貞吉。

象曰、外比於賢、以從上也。

九五。顯比。王用三驅失前禽。邑人不誡。吉。

象曰、顯比之吉、位正中也。舍逆取順、失前禽也。邑人不誡、上使中也。

上六、比之无首。凶。

象曰、比之无首、无所終也。

初六。孚ありてこれに比すれば、咎なし。孚ありて缶に盈つるごとくになれば、終に来りて它の吉あり。

象に曰く、比の初六は、它の吉あるなり。

六二。これに比すること内よりす。貞にして吉なり。

象に曰く、これに比すること内よりすとは、みずから失わざるなり。

六三。これに比せんとすれど人に匪ず。

象に曰く、これに比せんとすれど人に匪ず、また傷ましからずや。

六四。外これに比す。貞にして吉なり。

象に曰く、外にありて賢に比し、もって上に従うなり。

九五。比を顕らかにす。王もって三駆して前禽を失う。邑人誡めず。吉なり。

象に曰く、比を顕らかにするの吉なるは、位正中なればなり。逆を舎て順を取る、前禽を失うなり。邑人誡めずとは、上の使うこと中なればなり。

上六。これを比せんとすれど首めなし。凶なり。

象に曰く、これに比せんとすれど首めなしとは、終わるところなきなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。