26山天大畜(さんてんたいちく)乾下艮上

大畜、利貞。不家食吉。利渉大川。

彖曰、大畜、剛健篤實輝光、日新其徳。剛上而尚賢。能止健、大正也。不家食吉、養賢也。利渉大川、應矣天也

象曰、天在山中、大畜。君子以多識前言往行、以畜其徳。

大畜は、貞しきに利ろし。家食せずして吉なり。大川を渉るに利ろし。

彖に曰く、大畜は剛健篤実にして輝光あり、日にその徳を新たにす。剛上りて賢を尚ぶ。能く健を止むは、大正なり。家食せずして吉なりとは、賢を養えばなり。大川を渉るに利ろしとは、天に応ずればなり。

象に曰く、天の山中に在るは大畜なり。君子もって多く前言往行を識し、もってその徳を畜う。

初九。有{厂/萬}。利已。

象曰、有{厂/萬}、利已、不犯災也。

九二。輿説輹。

象曰、輿説輹、中无尤也。

九三。良馬逐。利艱貞、日閑輿衞、利有攸往。

象曰、利有攸往、上合志也。

六四。童牛之{牛|告}。元吉。

象曰、六四元吉、有喜也。

六五。{豕|賁}豕之牙。吉。

象曰、六五之吉、有慶也。

上九。何天之衢。亨。

象曰、何天之衢、道大行也。

初九。{厂/萬}うきことあり。已むに利ろし。

象に曰く、{厂/萬}うきことあり、已むに利ろしとは、災いを犯さざるなり。

九二。輿、輹を説く。

象に曰く、輿、輹を説くとは、中にして尤なきなり。

九三。良馬を逐う。艱しみて貞なるに利ろし。(日に)輿衞を閑えば、往くところあるに利ろし。

象に曰く、往くところあるに利ろしとは、上志を合わすればなり。

六四。童牛の{牛|告}なり。元吉なり。

象に曰く、六四の元吉なるは、喜びあるなり。

六五。{豕|賁}豕の牙なり。吉なり。

象に曰く、六五の吉なるは、慶びあるなり。

上九。天の衢を何う。亨る

象に曰く、天の衢を何うとは、道大いに行わるるなり。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

畜養する、蘊畜する、聚畜

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。