18山風蠱(さんぷうこ)巽下艮上

蠱、元亨。利渉大川。先甲三日。後甲三日。

彖曰、蠱、剛上而柔下。巽而止蠱。蠱元亨而天下治也。利渉大川、往有事也。先甲三日、後甲三日、終則有始、天行也。

象曰、山下有風蠱。君子以振民育徳。

蠱は、元いに亨る。大川を渉るに利ろし。甲に先だつこと三日、甲に後るること三日。

彖に曰く、蠱は剛上りて柔下る。巽いて止まるは蠱なり。蠱は元いに亨りて天下治まるなり。大川を渉るに利ろしとは、往きて事あるなり。甲に先だつこと三日、甲に後るること三日とは、終われば始あり、天行なるなり。

象に曰く、山下に風あるは蠱なり。君子もって民を振い徳を育う。

初六。幹父之蠱。有子考无咎。{厂/萬}終吉。

象曰、幹父之蠱、意承考也

九二。幹母之蠱。不可貞。

象曰、幹母之蠱、得中道也

九三。幹父之蠱。小有悔。无大咎。

象曰、幹父之蠱、終无咎也

六四。裕父之蠱。往見吝。

象曰、裕父之蠱、往未得也

六五。幹父之蠱。用譽。

象曰、幹父、用譽、承以徳也。

上九。不事王侯。高尚其事。

象曰、不事王侯、志可則也。

初六。父の子を幹す。子あれば考も咎なし。{厂/萬}けれども終には吉なり。

象に曰く、父の蠱を幹すとは、意考に承くるなり。

九二。母の子を幹す。貞いすべからず。

象に曰く、母の子を幹すとは、中道を得るなり。

九三。父の蠱を幹す。小しく悔あれども、大咎なし。

象に曰く、父の蠱を幹すとは、終に咎なきなり。

六四。父の蠱を裕やかにす。往けば吝を見る。

象に曰く、父の蠱を裕やかにすとは、往くもいまだ得ざるなり。

六五。父の蠱を幹す。もって誉れあり。

象に曰く、父の蠱を幹し、もって誉れありとは、承くるに徳をもってすればなり。

上九。王候に事えず。その事を高尚にす。

象に曰く、王候に事えずとは、志則るべきなり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ)

万野愛果 易学 経文(けいぶん)卦辞(かじ)爻辞(こうじ) 十翼(じゅうよく)「彖伝」たんでん「象伝」しょうでん
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。