スペイン日誌6

天気は当たり前のように今日も晴れ。ここに来てから雨はまだ一度しか振っていないし、それも数時間で止んだ。スペインでは雨が少ないことは水不足につながるため、手放しで喜んでいいことではないらしい。雨の少ない夏の時期は、車を洗うことでさえ社会的にはいいことではないからか、道行くカーはどれもたしかにすこし汚れている。ぼくもそれを見習って、自分を洗うシャワーの回数などをすこしは減らすべきなのだろうが、そこはやはり日本人からか、髪は必ず毎日洗わないと気が済まない。しかしそうすることによって頭皮が極端に乾燥し、ひとによってはフケが出始めてしまうようだ。湿気の多い日本とは違い、乾燥したこの土地では、たしかに洗髪は数日に一回程度でもちょうどいいのかもしれない。自分はもともと体臭のきつい体質ではないのだが、肉やチーズのような乳製品を毎日摂っているにも関わらず、日本にいるときよりも体臭はさらに減った。あまりの体臭のなさに、犬もいっさい寄ってこないから、自分がこの世に存在しているのかさえも疑いはじめた昨今である。「おい、ぼくのアソコも嗅いでくれよ」と犬に頼んでも、当たり前に無視をされる始末である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

”国際系” note まとめ

This magazine curates notes relating to stuffs between globalness and localness.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。