見出し画像

漫画の歴史に触れる

松屋銀座で開催されていた、萩尾望都デビュー50周年記念「ポーの一族展」に行ってきました。つい昨年に初めて読み、(妻の先導で)宝塚劇場での舞台にも足を運びました。ロマンスと哀しみに溢れた漫画であると同時に、手塚治虫作品を見て漫画家を志した萩尾望都の生み出した「漫画の歴史」に触れた気がします。描き続けることによって滲み出し、そして研ぎ澄まされていくものを感じられました。タイミングについてのコメントも印象深かった。良い展示を見ることができました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

イラストや漫画、サトウテッペイの創作を支援しませんか! お供のコーヒーにしたり、必要な材料を買ったりします。 支援されたもので購入したものはnoteにアップさせて頂きます!

あざっす〜!!

サトウテッペイ(イラストレーター)

週末イラストレーター。日記がメインです。 ご依頼はお気軽に。( http://illust-teproom.com )または各SNSより受付中。illustrator in Tokyo. coffee/gingerale/music/robot/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。