Twitter制の導入について。

はい!

ということで結論からお伝えしますと、

居酒屋ガツン!は2周年という節目である10月から、

「Twitter制」

を導入します。

Twitter制とは何か?と言いますと、

以下の条件のうち、1つ以上を満たしている方でないと入店出来ない制度です。

・Twitterでコミュニケーションが取れている方。

・Twitterでコミュニケーションが取れている方のご紹介。

・すでに僕とオフラインでコミュニケーションがしっかり取れている方。

・すでに僕とオフラインでコミュニケーションが取れている方のご紹介。

この4つの条件のうち、どれか1つを満たしていれば、入店できます。

さらに詳しく解説しようと思います。

ポイントは、

・コミュニケーションという言葉の意味を理解しているかどうか。

コミュニケーションは、カンバセーションやトークとは全く違います。

コミュニケーションとは、お互いの価値観や主義主張を尊重し合い、通じ合い、わかり合うこと。

シンプルに、ガツン!とノリが合うかどうかが大切です。

カンバセーションやトークは、雑談レベル。

ノリが合うかどうかの確認は、カンバセーションやトークでは出来ないと思います。

今日の天気の話や、今から行きますね、などの報告など、コミュニケーションのカケラもありません。

もし、これからご来店予定の方で、ちょっと不安だな、という方は事前に入れるかどうかを確認して頂ければ、しっかりとお答えします。

最後のご来店が、2週間以上前の方も、不安であれば確認して下さい。

それくらい、ガツン!の哲学が洗練されていくスピードは早いです。

半年前は入れた人が、今は怪しい、なんてこともこのスピードの上では起こり得ます。

このTwitter制を導入する目的は、

「コミュニティ形成における、フィルタリングのシステム化」

です。

なんとなく敷居が高い、その「なんとなく」の部分を今回、明確なルールにしました。

クリアしてれば何の躊躇もいりませんし、クリアしてなければ、これからクリアすればいいだけです。

この施策で、敷居がはっきり見えたと思います。

これを、敷居がめちゃくちゃ高い!と思うか、ルールが分かりやすくなった!と思うかは、受け手側次第です。

もちろん、めんどくさい店だな、と思われる方もいらっしゃるでしょう。

まさに価値観の整理整頓がしっかりと行われて、すごく良いと思います。

この施策後に生み出される空間に対して、価値を感じて頂けないのであれば、最初から分かり合えなかったのでしょう。

何の問題もありません。

分かり合えないことが、分かったわけですから。

ガツン!と価値観を共有できる方は、好奇心旺盛で、興味関心のあることに対して必ずアクションする人達だと、この2年間ではっきりと理解しました。

だから、こういった施策を行っても来る人は必ず来ます。

何の心配もしていません。

僕が、ガツン!で生み出したいものは、

「お金を払えば受けれるサービスや、繋がれる人間関係」

ではありません。

「お金が存在しなくても分かち合いたい時間と、繋がれる人間関係」

です。

僕は、今回の施策でガツン!コミュニティの質がこれまで以上に必ず向上すると確信していますし、

ガツン!で皆さんが体感している居心地の良い雰囲気や時間が、より淀みなく流れていくと考えています。

もちろん、今はまだお金は必要です。

現時点で重要なリソースであることも理解しています。

ただ、それと同時に、

お金で手に入らない人間性や人間関係、

そんな素敵な人間性や人間関係を持った人たちが生み出す時間や空間、

そういったものの、何物にも変えがたい価値を知っているつもりです。

これは僕の自己満足です。

時代に合っているとか、マーケティングだとかは一切関係ない。

素直に、どういう空間を作りたいか?

という、自分の理想だけを追いかけています。

その上で、ガツン!コミュニティが、関わるみんなにとって、より楽しく、よりエキサイティングで、価値のある空間になっていけば幸いです。

こういうガツン!の姿勢に、

少しでも何かを感じてくれたり、

共感してくれる人は、

ぜひお気軽にTwitter上でコミュニケーションをして、遊びに来てください。

いつでも大歓迎です!











この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
85

寺本 昌司

リアル店舗の未来、これからの飲食店・小売店の美学ある店づくり

店舗デザイナーとして数百件のお店を手がけ、今も最前線で奮闘している目線から、リアル店舗のあるべき未来を考えます。 全ての業界で中途半端なポジションは淘汰されて、強い個性を持つ者だけが生き残る世界がやってこようとしています。その時、飲食店や小売店などのリアル店舗はどんな戦略...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。