20181104タイガ753_181231_0049

子どもの育て方に正解がない

おはようございます。
1日1回更新する連続記録が昨日更新しなかったので途絶えてしまいました。
また今日から更新をします。

実家へ弟一家がやってくる


先日、運動会が終って、その足で実家へ行くというのが最近の定番となっています。

子どもは、男の子2人しかいないので、ほとんど「車、電車」の話しか出てきません。
実家へ着くなり、自分たちのマイチャンネルの2チャンネルを流し続け、流し見をしながら、電車やブロックで遊び放題。その遊んだ行為を褒めてくれと言ってくるので褒めてやり、各々のやりたい要求(欲求)に応えていく行為が発生します。毎朝、早起きで元気なので、朝からから晩(寝るまで)までギャーギャー騒ぎうるさいです。

この、子どもの要求に対応しなければならない。これは、常に対応し続けなければいけないのか?いつも、そこに疑問を感じています。

要求し続けたことに対応していくだけの親になると、毎回、要求に対応してくれるから子どもが、かんしゃくを起こせばいいと思ってしまう。なんとも悪循環だと、私は思います。
10のうち、2とか3くらいは、要求に応えないで、これは○○だからダメ。我慢しまさいっていう言葉をいうのも親には必要かと思っています。

要するに、我慢する事も必要なんだよっていうことを教えてあげる必要があるかと思っています。何でも買い続け、与え続けている親だと子供が貪欲に育たない。甘え上手な子供になるかとも思っています。

そもそも、これは○○だからダメ。我慢しまさいが、嫁から出てこないのも私は疑問に思っています。

まだ、母親じゃないから実態は分からない

まだ、私は母親にはなったことはないし、子どももいないので、このようなことを思ってしまう。本当に子どもを持った時の状況はわかりません。親だから全部が全部かなえてあげたいって思うのが親心というのも分かります。

ただ、言えるのは、うちの弟一家は甘やかして育てていること。
それが、成長していく過程で、子どもにどう影響するのか。それも叔母としては楽しみなところです。

子育てには正解がないし、やっていかないと分からないところ。
ただ、私が親だとしたら同じ育て方はしないと思います。
なので、弟一家を反面教師として勉強させてもらいます。

※メインビジュアルは、753を迎えた甥っ子1のポーズを甥っ子2が真似てる画


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです(*^▽^*)
6

terapy

都内で働くwebディレクター。twitterの140文字内で話せないことをアのップ。 日々のぼやき:twitter:https://twitter.com/terakotto 作った料理:https://www.instagram.com/happy_lucky_cook/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。