一審判決【いっしんはんけつ】左京区不動産

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

一審判決【いっしんはんけつ】

一審判決とは、地方裁判所または簡易裁判所による、訴訟の最初に下される判決です。
一審判決に不服がある場合には、14日以内に控訴すると、次は高等裁判所で争われることになります。高等裁判所での判決を二審判決といいます。これに不服があった場合には最高裁で争うことになりますが、最高裁は憲法解釈をめぐるものや特別重要なもの以外は控訴を棄却されることが多く、控訴が棄却された時点で判決が確定します。
下級裁判所から上級裁判所への控訴を上告といいますが、受け付けてもらえるかどうかは正義の度合いよりも形式上の問題が大きいようで、裁判制度の課題として長年議論されています。
一審の管轄は、争う金額により、140万円以下が簡易裁判所、それ以上が地方裁判所に分かれるようです。
なお、どこの地方裁判所で争うかによって、当事者の負担は大きく変わります。そのため、契約書などには、訴訟になった場合の地方裁判所を特定しているケースがあります。

左京区の不動産情報はテライズホームにお任せ下さい。

テライズホームでは、京都市左京区を中心に不動産の販売および不動産売買・仲介業を行っております。不動産売買・仲介、建築・リフォームから不動産に関する無料相談、売却査定まで、お住まいに関するトータルサポートをさせていただきます。

【左京区不動産】ホームページでは左京区の不動産情報を、沿線・駅・地域・小学校などの希望条件で絞込み、不動産を【無料|検索】することが出来ます。ホームページでは、左京区を中心に約800件の物件を取り揃えていますが、インターネットで閲覧が可能な不動産は、ほんの一部です。会員登録【無料】をしていただくと、会員様限定物件が閲覧することができます。また、京都市左京区で気になる不動産情報がございましたら24時間365日、メールにて【無料】でお問い合わせをすることができます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

左京区不動産 テライズホーム|不動産用語辞典-1

【左京区 不動産】基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。 不動産のご購入やご売却を検討されているお客様のために不動産、住宅、法規制等、不動産取引に関する不動産用語を多数収録し、わかりやすく解説しております。 不動産に関するご質問は、お気軽にご連絡く...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。