一般定期借地権【いっぱんていきしゃくちけん】左京区不動産

基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。

一般定期借地権【いっぱんていきしゃくちけん】

一般定期借地権とは、定期借地権の一種で、存続期間を50年以上とし、更新、建物買取請求権のないものです。
定期借地権は1992年施行の借地借家法によって創設されました。
一般定期借地権を設定すると、更新による存続期間の延長はありません。また、建物が再建築されていても、契約終了時には更地にして返還する必要があり、建物買取請求はできません。定期借地権には一般定期借地権のほかに、「建物譲渡特約付借地権」(存続期間30年以上)、「事業用借地権」(同10年以上20年以下)があります。
なお、定期借地権は、更新しない、建物の再築に伴う期間延長をしない、建物買取請求をしない、という3つの特約を公正証書などの書面で約定する必要があります。

左京区の不動産情報はテライズホームにお任せ下さい。

テライズホームでは、京都市左京区を中心に不動産の販売および不動産売買・仲介業を行っております。不動産売買・仲介、建築・リフォームから不動産に関する無料相談、売却査定まで、お住まいに関するトータルサポートをさせていただきます。

【左京区不動産】ホームページでは左京区の不動産情報を、沿線・駅・地域・小学校などの希望条件で絞込み、不動産を【無料|検索】することが出来ます。ホームページでは、左京区を中心に約800件の物件を取り揃えていますが、インターネットで閲覧が可能な不動産は、ほんの一部です。会員登録【無料】をしていただくと、会員様限定物件が閲覧することができます。また、京都市左京区で気になる不動産情報がございましたら24時間365日、メールにて【無料】でお問い合わせをすることができます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

左京区不動産 テライズホーム|不動産用語辞典-2

【左京区 不動産】基本用語から専門用語まで、不動産に関する用語を幅広く集めました。 不動産のご購入やご売却を検討されているお客様のために不動産、住宅、法規制等、不動産取引に関する不動産用語を多数収録し、わかりやすく解説しております。 不動産に関するご質問は、お気軽にご連絡く...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。