MICHAEL KENNA a 45 year Odyssey 1973-2008

画像1 小さな四角い画面に収められた風景と対話していると、足先まで美が突き抜けていく。写真作品の美しさはその対象に依るのか 、だとしたらそれはそのシルエットなのか機能なのか本質なのか 。いや撮る側によって写真作品の性格は変わるのだから、 私たちがその画面から捉える美は、撮る側と対象物との関係性とDialogueである
画像2 そして観者はまたその作品と対話する。 簡単にコミュニケーションが取れるものもあれば、さっぱり対話が成り立たないものもある。 騒がしいDialogueもあれば、響きだけのものもある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、作品制作 に大切に使わせていただきます。

ワインご一緒しましょう!
6

Terracotta

Eat, Art, Wine. | 色と食をライフテーマに活動中。 デザイナー、イラストレーター、ロンドンびいきのクリエイター。 日々の喜びは ワインとアートとイングリッシュローズ。 Website&Shop:https://pencake.work

アート アット フライデーナイト

ART at FRIDAY NIGHT 金曜夜には美術館へ行こう。と突然決めた。 この時間に来る鑑賞者たちには、なぜかどこか共犯者のような、秘密の共有をしているような、妙な親近感を抱いてしまう。 デイリールーティンに展覧会。鑑賞することで、答えが見つかることも多いけど...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。