白饅頭日誌:10月4日「殴るのは終わりにしようこれからは」

この続きをみるには

この続き:2,484文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
白饅頭の月額購読マガジンです。毎月2回更新の白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。さらにマガジン限定記事が毎月1本以上あります。ほぼ毎日コラムがアップされ、時々音楽やVtuber動画クローズドイベントのお知らせが届きます。結構お得なセットだと思います。

月額購読マガジンです。毎月2回更新の「白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカ...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

SEKIRO極めた
163

白饅頭

白饅頭日誌(月額課金マガジン)

月額購読マガジンです。毎月2回更新の「白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。ほかにも、ショートコラム(ほぼ毎日更新)、限定記事(月1以上の更新)、楽曲(無料ダウンロード可)、Vtub...

コメント7件

あの種のお気持ちファシスト、そのうち何故か突然に中央線の駅で人身事故にあうのでは
煽りに乗ってみました。ちなみに番組名は「ノーベル賞 まるわかり授業」ですので参考にしてください。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/nobelprize2018/maruwakari01.html
 個人的には最近のこの手の問題での対応として見事だと感じたのはRADWIMPSの「HINOMARU」でした。反発はある意味前提としつつ一定の配慮はしても、あくまで自分の表現である曲は堂々と演奏する。表現者と言うのは書くあって欲しいですし、そういった表現者を応援していきたいものです。
http://blog.livedoor.jp/brothertom/archives/76428032.html
「これからは直訴の時代だ。」という視点にはハッとさせられました。僕らは向き合うべき対象を間違えているのかもしれませんね。
仰っている事に強く同意する一方で、でも番組側があえてキズナアイにする理由って何?というモヤモヤはありますね。
千田先生なんかはとんでもない事言っていると思いますけど、モヤモヤをはっきり伝わる形でアウトプットしたら問題発言になってしまった感があるような気がしますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。