白饅頭日誌:4月20日「素直なお気持ちを認めよう」

この続きをみるには

この続き:2,482文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
白饅頭の月額購読マガジンです。毎月2回更新の白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。さらにマガジン限定記事が毎月1本以上あります。ほぼ毎日コラムがアップされ、時々音楽やVtuber動画クローズドイベントのお知らせが届きます。結構お得なセットだと思います。

月額購読マガジンです。毎月2回更新の「白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカ...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキがあれば明日も生きていける
131

白饅頭

白饅頭日誌(月額課金マガジン)

月額購読マガジンです。毎月2回更新の「白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。ほかにも、ショートコラム(ほぼ毎日更新)、限定記事(月1以上の更新)、楽曲(無料ダウンロード可)、Vtub...

コメント4件

これも、俗世にいる限りは免れない"不合理さ"を解消してくれていた宗教を扼殺してきてことへの報いでしょうね。ノートルダム大寺院が焼け落ちそうになっているのをニヤニヤしながら見ていたムスリムの内心が少しわかります、"当然の報いじゃねえか"と。
これは差別ではない、なぜなら、、、という話を授業でしていた大学教授を思い出しました
その時のモヤモヤがすっきりできました
福山雅治やアンジョリーナジョリーに向ける目と、極右活動家に向ける目が平等になり得ない時点で反差別は喝破されるべきでしょう。
おのれの罪に向き合え、という言葉がまさに真実であるように思えます。
差別を許さないの究極系が、小学校の運動会で順位をつけずにみんなが一等賞!ですかね。評価を全排除して平等を作るんです。麗しいですね。社会の教科書で似たような事例を見た事があります、ソビエトって項目だったと思います。
ある属性の人が差別と感じたら、主観だけで差別認定できちゃう。これは魔女狩りって項目だったかな。神の代行がお気持ち一つで人を燃やしまくった昔話。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。