見出し画像

【9・10月版】私がスキと思ったnote (1)

11月になりましたね!
10月は過去イチでいろんなひとと会ったり話したりした気がします。
そのお話は後日。

そして、
めちゃくちゃnote読んだ!!!オブ・ザ・イヤー!!!!!!

「スキをつけたnote」がもりもり増えていきます!!!
noteたのしい!!
さて、今回はそんなわたしが読んだもののなかから6つのnoteを紹介していきます!

本当に素敵なnoteばかりですので、ぜひ読んでください〜!

■「特別なひと」はその関係性を一言では言い表すことができない。 / 田中新吾/タナシンさん

そのひととの関係性を表現しようと思うと、表現の仕方がいくつも浮かんでくる。いくつも浮かぶのでそれを同時に表現しようとすると絡み合って複雑になり無理になる。

う〜〜〜〜〜〜ん!!わかりみ!!!!

まさに「関係性」の正解を出してくださったnoteです。
「なんで好きなの?」「どこが好きなの?」
に、好きなところがいっぱいありすぎて答えられないやつです。う〜〜〜〜〜〜ん!!わかりみ!!!!

けど、どんなに言い表すことが難しくても、「言い表そうとする努力」は必要ですよね。

私の大好きな作品でキャラクターが言ってました。
「言葉にしたらうすっぺらくなるもん!」と。
そして言われていました
「うすっぺらいってなんだよ!はっきり言えよ!」と!!!

そう、薄っぺらくても伝えなきゃそれは「無」と同じなんですよね
その薄っぺらさと向き合うのってなかなかにドMな行為とはおもうけれど、伝えないといけないんだよなあ。


■語らないことほど / カナコさん

noteで何千字もひとつのテーマを書くほどの気持ちにはなれなかったりして、頭の中にでてくる考えをそのまま風化。不健康なことが続いていた。
140文字以上の想いがあるのに、だ。

カナコさんは、この自分でもどうしようもできない自問自答をよくこんなふうにnoteに書けるなあ、すごいなあってすごい思ってしまった。

140文字って、「いまわたしこういう気持ちなんだ!!!」って、自分の表面的な気持ちをアウトプットするにはすごく適しているんだけど、それだけになってしまうなあってすごく感じていて。
いまわたしが必要だと感じているのは「どうしてその気持ちが発生しているのか」まで深ぼることだと思っています。自分の「好き」の本質を見つけて、しっかりと言語化すること。
それを達成するには、苦しくてもかっこわるくても、言語化していくしかないんだよなあって、カナコさんのnoteを読んで改めて感じました。

そして、どうして苦しいのか、かっこわるいとおもうのか、まで自分でみつめなおしていけるといいよね。
って、サクちゃんさんが言ってた!!!


■「ドリフェス!」に夢を託してしまったにわかの話 / らめだすさん

けれど、最早、「ドリフェス!」に夢を託して生きてきた友人たちファンの心理は、わたしにとって他人事ではなくなってしまった。
いま、わたしは本気で、彼らの夢の続きが見たいと願っている。
それだけは間違いないのだ。
沢山のファン達の夢を乗せて走ってきた「ドリフェス!」だ。
いまさら、わたしひとりのちっぽけな夢が乗っかったって、たいした違いはないだろう?

先日サービス終了してしまったスマホゲーム『ドリフェス』を、憎み、愛した、らめだすさんのnote。いや、号泣不回避…

友人に激しめのドリフェスファンがおり、アニメのことやVRのことや中の人のインプットは十分だったので、サービス終了を聞いた時は本当に驚いたのを覚えています。

ドリフェス…しんどいな…
いや、わたしなんぞがこのコンテンツについてとやかく言う資格はまったくないのですほんとうに
でもこれだけは伝えたい

ドリフェスにはこんなふうにめちゃめちゃな熱量もって愛しているひとがめちゃめちゃ多かったということ…!

まだ駆け出しの俳優さんたちを起用したのも大きかったのでしょう。制作の作戦勝ちです。意図的ではないと思うけど、「悲しみ」というでかい感情を生み出してファンたちの「人生」にでっかい存在感を残したことでしょう!!!!

だから!!!絶対!!!!!責任とってくださいね!!!!!!!
まだまだドリフェスファンの熱量は高いはずです
プロモーションでもアニメでもイベントでもなんでもいいから
完全にストップするのはやめて…
生まれた世界、キャラクターたちの片鱗を、ちょこ〜っとだけでも、みせてくださいね…

と、身勝手なことを考えるオタクであった。

オタクが一番怖いのは「サービス終了」と、推しの「ファンの皆様へ」。
テストに出ます。


■手帳をサポートする手帳 / てはさん

このnoteには、手帳をつかいこなせない…と悩んだてはさんがつくった、「Weekly planner(仮)」の画像が貼ってあります!
週のプランニング部分だけ1枚の紙にまとめたものです。すごい画期的だと思いました!

これはまだ使えてないんだけど、ぜっっっったい便利じゃん!と思ってブックマークしてあるやつです。使ってレポなどしたい。


■痛快!「せやろがいおじさん」の言葉が心に響く / 山下洋平

せやろがいおじさんは、一見粗暴にも見えますが、このことを実によく理解していて、自分の意見を一方的に押し付けるのではなく、批判する相手への配慮もしっかりしているのです。

このnoteを読んでからせやろがいおじさんのツイッターをよく覗きに行くようになりました。
一見、このひと大丈夫なの…!?と思うんですが、動画の内容はめちゃめちゃ的をいているしすごく論理的に叫んでいて、なにこのひとすごい!!!ってなる。
これからの活躍にも期待です。


■8月が永遠に続きますように / 佐原涼

敗走続きだけど、なんだかんだまだ人生からは逃げていない。それだけで私は十分にえらいのだ、そうだ、と唱えながら日々の鬱をやり過ごしている。

わたしはこういうエッセイが死ぬほど好きです。
ペンギンかわいいよね。わかる。



==============


どうだったでしょうか。好みのnoteは見つかりましたか?

ちょっと長くなってきたので、いったんこのあたりで【9・10月版】私がスキと思ったnote を終えます!
来週のどこかで第二弾を更新しますので、おたのしみに!

【過去の私がスキと思ったnote特集はこちら!】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます! シェアやコメントも大歓迎です。めっちゃみてますー!サポートなんて、ほんとめちゃくちゃめちゃくちゃに嬉しいです。飛びます。

ありがとざえもん降臨
23

マスモトアヤノ(teru)

ますもとあやのです。大学4年生。note編集部でお仕事しています。声優の豊永利行さんが大好きです。「好き」の力を還元したい!最近はイケメン俳優に翻弄されつつ自分の香水を愛でています。

素敵noteをマスモトのあつい感想とともに紹介するマガジン

noteだいすき!な、マスモトアヤノのコンテンツ会議です。 不定期に開催します。いつもすてきなnoteをありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。