私に本を買わせてくれ!

 こうしたら紙の本はまた売れるのでは?という提案めいた妄想。デジタル書斎の話。

 こんにちは。

 紙の本があまり売れなくなって久しいですが、このまま出版・印刷業界が衰退してしまったり、本で一杯の書斎や、山積みの未読の本が積み重なっている部屋などの情景が失われてしまうのはとても寂しいと思い、少し前から考えている「こうしたら本が売れるのではないか?」という妄想の話でも書こうかなと。

 まず、本が売れなくなり始めた最大の要因ですが、ブックオフ等の中古書店から、アマゾンなどを代表とするネット型の中古書店までが台頭してきたからです。しかし、これは問題の本質ではありません。本当の問題は、書籍それ自体に新品と中古で得られるサービスに差が無い事でしょう。

 新品であろうが、中古であろうが、得られるものは変わらない。なら中古でいいじゃん!と誰もが考えるはずです。

 なので、まず売り手側が書籍の新品と中古とで得られるサービスに明確に差をつけることが大事なのです。

 具体的にはどうするか?

 まず、なるべく多くの(出来れば全ての)出版社が参加して、書籍専用のSNSを立ち上げ、これを共有します。デジタル書架とか、書斎とか、そんな固めの名前で良いでしょう(履歴書に合うような名称が良いです)。このSNSは誰でも入会して、基本的なコンテンツの閲覧だけは出来る仕様になっています。このSNS自体が、「そのユーザーがどんな本にお金を出して買い、読んできたか?」というわかりやすい仮想書斎になります。

 次に、販売される全ての書籍に、一度しか使用できないシリアルを紐づけます。このシリアルは、前述のSNS内で使用できるものです。このシリアルの使用・未使用をもって、書籍の新品・中古をまず明確に区分できるようにします。既存のパソコンソフトのシリアルコードみたいなものですね。場合によっては、2人までとか、5人までコード使用可、みたいなのもありでしょう。小説などはまず買った人しか読みませんが、図鑑や辞書、百科事典などは家族でも読むかと思うからです。

 さて、次にそのシリアルですが、前述のSNSにおいて入力すると、読んだ本が表示されるうえに、シリアルを使用した人しかその本の書評を書けないようにします。これにより、お金を出して本を買った人のみの書評が読める場所が出来上がります。中古本を売っているサイトの騒音めいた書評を読まなくて済むようになるわけです。ちゃんとお金を出して新刊を買っている人の書評と、読んだのか読んでいないのかわからない人々の書評では、その説得力や信頼性に明確な差が出るでしょう。

 で、こうしてSNSと本をシリアルで紐づけることにより、様々なサービスを発生させて、ユーザーの「本を買いそろえる喜び・満足感」をより充実したものにすることにより、中古市場と明確な違いを出せるようにしていきます。

 販売者側としては、同じ漫画を全巻新刊で買った人には特典を付けるとか、百科事典を買ってくれた方には、次回新装版販売の際には下取りしつつ少し安く販売するとか、同じ作家の本を買っている人には豪華装丁版を買いやすくするとか、作家のトークショーが当たるとか、いくらでも考えられるでしょう。人工知能を用いて、「この本を買った人はこちらの本も買っています」といったお勧めや、「反対のイデオロギーではこちらが売れています」みたなニクいセールスの提案もありでしょう。

 ユーザー側としては、「他人の蔵書リストが見られる!」これが非常に大きいでしょう。「誰が、実際にどんな本をお金を出して読んでいるか明確にわかる」わけです。このメリットは大きいです(もちろん、ユーザーは蔵書の公開・非公開も可能ではありますが)。このSNSがメジャーになってきたら、就職や転職の際に「蔵書リストを見せてくれ」などと、人物評に役立てられる日も来るかもしれません。蔵書リストは履歴書より明確にその人を伺い知らせてくれる側面もありますからね。

 そしてなにより、読書という趣味のグレードを明確に上げてくれる気がします。無趣味な人の言う常套句「趣味は読書」が、迂闊に言えないものになるわけです(じゃあ蔵書リスト見ていい?となりますからね)。

 これにより、インスタ映えを意識している人々や意識の高い人々などは、自分の蔵書リストを充実させるべく、やたら本を買ってくれるようになるかもしれません。

 また、中古でいくら本を読んでも、知識は身に付きますが蔵書リストは空っぽのままとなってしまいますから、もう少し本買わなきゃ!となる事請け合いです。または、中古の本を安く買っても、出版社から印税の含まれたシリアルを買う事により蔵書に加えることが可能とかなら、それにより利益を作家に還元しやすくなるうえに、中古市場もそのまま活気が残るかもしれませんしね。

 いかがだったでしょうか?これに少しだけゲーミフィケーションを取り入れ、バッジなり勲章なりを貰えるようにしても良いですし、いずれにせよ、「本を買って、読む」ことがより楽しく、意義が増えるのでは?と夢想しているわけです。読書の「見える化」でもありますしね。

 きっとこのシステムを導入すれば、紙の本の需要が減らなくなり、中古市場も解決すると思うんですがねぇ。どうでしょうか?もし誰かこれを実装する場合は、アイデアは色々ありますから、ぜひ声を掛けていただきたいな、と思います。

 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。では、また掃除に行って来ようか。

そんなあなたに祝福を!
6

海辺の灰人

本の価値を考える

本屋が本の価値を決める。 本が本屋の形を変える。 未来に選ばれる本と書店について考える。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。