桜 守

桜 守
    沢村 鐵 

○作品データ○

タイトル:桜 守
文字数:32125
舞台:日本
ジャンル:日下慎治サーガ
一言紹介:『十方暮の町』『あの世とこの世を季節は巡る』の主人公・日下慎治の物語です。



 いつから、憶えているのだろう。
 わからない。
 桜の木のそばに佇む青年。そして、少女。
 薄暗がりのなかで、その二人を万里子(まりこ)は見つめている。ただじっと。
 もうすっかり春なのだと思う。絶え間なく、花びらが散り続けているから。
 時刻は夜、それとも明け方かも知れない。甘い匂いを含んだ風が、微かに、万里子の鼻先をくすぐる。でもその匂いは、自分があとから付け加えた記憶かも知れない、と万里子は思う。
 青年と少女が立っているのは、万里子の家の庭。
 ふだんはだだっ広いだけの庭が、桜の季節だけは様子を変える。代々小嶋家を見守ってきた江戸彼岸が満開の花を咲かせるからだ。樹齢二百年の老木が律儀に肌身を散らす姿は、いくつになっても万里子の胸を締めつける。
 桜の木の下の少女は、とても小さい。その分、痩せた青年の背が高く見える。
 ふたりはただじっと立っている。身じろぎ一つしない。まるで時間が停まってしまったみたいに。花びらははらはらと散っているのに…………
 ふたりの表情は判らない。顔が見えない。話しかけられない。そばに行くことさえできない。万里子はいつも遠巻きに見つめているだけ。
 いつから憶えているのか、分からない。
 遠い昔に見た光景なのか、夢で見たのかだれかに聞いたのか、映画で見たのか――それさえも。
 幻のような思い出は、夢のなかでも、起きているときも、ふいに浮かび上がってきては万里子を捕まえる。花の匂いが溢れる季節になると、毎日のように浮かんでは眩暈を起こさせる。そんな記憶。
 今年も、庭の桜は静かに花を散らしている。
 静かな夜――
 彼はやって来た。

この続きをみるには

この続き:32,057文字

桜 守

沢村 鐵

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝
1

沢村 鐵

http://www.t-sawamura.net/ 最新作は『極夜1 シャドウファイア』(8/9 発売。祥伝社文庫) 多分野の小説を執筆。 ◆ここに公開するのは、たまたま本になっていない物語群◆ 傾けた情熱は出版されたものと同じです。楽しんでいただければ幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。