見出し画像

粗大運動発達をバイオメカニクスで見る、こともできる

1歳になるまでの子どもの発達は、床面での動きから床面の移動、そして立位へと、三次元的な変化を遂げる。空間の位置とその支えかたはバイオメカニクス的な理解にぴったりだ、と思う。

この続きをみるには

この続き:704文字/画像1枚
記事を購入する

粗大運動発達をバイオメカニクスで見る、こともできる

AI EHARA | 運動を科学するヒト

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「スキ♡」ボタン、おねがいします

メルシ!
3

AI EHARA | 運動を科学するヒト

School of Movement®️ で様々な運動関連職種の指導者に対して身体運動の科学を教えています。 理学療法士、修士(東京大学大学院総合文化研究科身体運動科学、学位<学術(バイオメカニクス)>))。https://text.themedia.jp/

Movement Lab @ SOM IES

School of Movement®︎での講義の際に様々な質問をいただきます。質問を整理し、議論を公開し、更に感想をいただけるような場としてLabを作りました。 また、身体運動に関するトピックもお届けしていきます。 初月無料のマガジンにしています。それ以降は月毎300円です...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。