「あえて今だから広島の農村で農業体験ツアー」やります!

The CAMPus 代表の井本と申します。

西日本豪雨の被災地で今できる事を!ということで9月に地元の農家さんたちの復興のお手伝いをやって来ます。Campfireでプロジェクト開始したので、みなさんの暖かいご支援をお待ちしております!!!

https://camp-fire.jp/projects/93607

私たちは『農』という視点から日本の明るい未来を切り拓いていきたいと考えています。

そして、今回は西日本豪雨で被害を大きく受けた広島県内の地域でThe CAMPusの実地研修(農ライフ体験ツアー)を開催したいと思います。

先の西日本豪雨によって各地は甚大な被害を受けました。今回の豪雨は被災エリアが広範囲すぎて、まだまだ復興の目処が立たない中、猛暑も続きその合間にまた台風がきたり。。。

被災した方々の暮らしを取り戻す事が最優先!という事で各地でボランティア活動なども活発化し何とか生活のインフラだけは少しずつ整いつつある状況。

そんな中、農家さんたちの被害も甚大であるものの、こういった有事の際の復興活動は、生活のインフラに関わる部分が先なので、農地は後回しになりがちです。

そこで私たちThe CAMPusに何か出来ることが無いか、を考えてみました。


題して、「あえて今だから広島の農村で農ライフ体験ツアー」

田万里町は、The CAMPus 校長である私の出身地でもあります。

この地で、実は災害前からThe CAMPusが、地域と協業して農村活性化の新プロジェクトを立ち上げようとしていました。今回の豪雨の被害によりプロジェクトは来年度以降に持ち越される事になったのですが、まだまだ開始の目処が立っていません。

そこで、今回の研修に参加する皆さんには、まずプロジェクトの全体構造をしっかりと把握して頂きます。その地域でどのような復興が望ましいのか、また復興後の地域活性のビジョンもみんなで考えながらボランティア活動を展開していきます。

毎日、昼間は各農家さんのニーズに基づいて復旧作業(専門的な技術を要さない作業のみ)をお手伝い。作業の合間や夕食後などにプロジェクトの実現に向けた勉強会や、農村での暮らし方や農業に関わる様々な学びが得られるワークショップを実施していきます。

ワークショップは、今回のツアーで寝食の拠点となる西立寺の本堂にて毎日行なっていきます。広島県内はもとより、全国の様々な地域にいるThe CAMPusの教授でたら凄腕の農家さんたちが、代わる代わる講師として、ボランティアで講義をしてくれます。ファシリテーターは、私、The CAMPus校長の井本が担当します。

●活動場所/広島県竹原市田万里町
●寝食拠点/西立寺(さいりゅうじ)
広島県竹原市田万里町3923
●期間/2018年9月16日(日)~29日(土)
※この2週間のうち1日間から参加可能。
ご参加希望の日程を支援画面の備考欄に記載ください
●時間/
【農作業】・午前の部:8:00-11:00
     ・午後の部:15:00-18:00
【ワークショップ】・昼食タイム:12:00-13:30
         ・夕食タイム:19:00-20:30
●作業内容/
・農家さんの復興作業のお手伝い(土砂を手作業で除去、溝掃除)
・農作業補助(草刈り、稲刈りほか)
●ワークショップ内容/酒蔵の発酵を学ぶ、農村の手仕事、農村の料理、農ビジネスほか
●人数/10~15名程度
●交通費/現地までの交通費は各自負担
●保険/任意保険を用意してます
●その他/現場の作業では怪我や熱中症などが起こらないよう万全を期しますが、万が一の場合は当団体での責任は一切負えません。全て自己責任となります。ですのでその万が一に備えて保険へのご加入は別途料金がかかりますが、必ずご加入いただけますようお願いします。
●主催/一般社団法人The CAMPus
●協力/CAMPFIRE・浄土真宗本願寺派 西立寺・藤井酒造株式会社
●責任者/井本喜久(The CAMPus 代表)
●現場担当/中村恵久(The CAMPus ディレクター)

https://camp-fire.jp/projects/93607


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。