今日は水について

水(みず、英: Water、仏: Eau、伊: Acqua、独: Wasser、羅: Aqua)とは、化学式 H2O で表される、水素と酸素の化合物である[1]。特に湯と対比して用いられ、温度が低く、かつ凝固して氷にはなっていないものをいう。また、液状のもの全般を指す @wikipedia

人間を構成する生命活動を維持するために必要不可欠です。

先日の台風や明け方の北海道の大地震などで

ライフラインの断絶による停電、断水など

当たり前に身近に水が溢れていた環境で

当たり前だと思っていたものが急になくなることほど

恐ろしいことはないと思います。

自分たち料理人は水をよく使います

節水ではなく無駄な水を使わないようにしようと

水のない生活を送り身に染みてわかりました。

自分たちのやっている料理もライフラインが整っている状態で

なおかつ余裕があるからこそ受け入れられるわけで

災害時には結局すぐに食べられるおにぎりやパンが当然消費されます。

“生きるための食事”

本来の生存本能だと思います。

日本が不安定な今料理人が発信出来ることは

いずれ救援物資も届くと思います。

しかし届くまでの間に食に関して飢えたりすることのないように

火や水がなくても出来る栄養のある安全な食事の方法や

簡単に出来る殺菌方法などの発信だと思います。

仕事の合間を見て定期的に更新できるように努めますので

被災された皆さん強くありましょう。

NHKの大人気番組大科学実験みたいですが

比較的簡単に出来る飲み水の蒸留方法を一つ

鍋に海水を入れ、中央にコップを置く

大鍋の周囲を濡れタオルで、湯気がもれないようにパッキングする
(湯気が貴重な水分となります、極力逃さないようにしたいです)
海水を入れた鍋(底が丸くて下の鍋にフィットすればいい)鍋の上にのせ、焚き火にかける
大鍋の海水から立ち上る湯気が中華鍋の底で冷やされ
鍋の底をつたわってコップにたまる
蒸留した水は、空気が触れないようにし、冷暗所で保存する。
日持ちしないので、少量つくって、その日のうちに使い切ってください

夜も肌寒くなってくる時期ですので暖を取りながら水の確保に努めるなどしてください。

どんなサバイバル生活やねんと思われるかもしれませんが思っているより

簡単に水はなくなりますし孤立したらどうしようもありません。


なので万が一のためにもこういった方法は知っておいて損はないと思いますので

お役に立てばと思います。

我が家には懐中電灯の備えもなく防災意識はへなちょこでした

今後の万が一に備えて色々なことは出来るようになっておかないとなと思います。

http://www.kepco.co.jp/brand/for_kids/teach/2017_06/index.html

関西電力の風力発電の作り方です。

もしもの時のために一つどうでしょう?一番いいのは懐中電灯は準備しておくことですが。

あの真っ暗な中では本当に小さな明かりでもうれしいかった。

備えあれば憂いなしです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

note でサポート頂いたお金は全てLEICA Q購入資金に充てます。 もっと良い写真撮る。

頑張ります!
6

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。

コメント2件

水は命✌︎(΄◉◞౪◟◉`)✌︎
命の水はポンジュース(΄◉◞౪◟◉`)!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。