私の音楽遍歴は「映画音楽」から始まった

<目次>

・道をはずれた音楽遍歴
・映画オタク
・ラジオで映画音楽
・映画音楽で知った有名ミュージシャン
・最高の映画音楽は恐怖映画
・映画音楽のあるべき姿

私の音楽遍歴、ちょっと変わっているんです。

【道をはずれた音楽遍歴】

一般的に考えれば、テレビやネットで気になったアイドルとかバンドを好きになって、追っかけやったりファンクラブに入ったり、バンド組んだりとかするじゃないですか。
私の場合、いまでこそ音楽番組作ったりイベント開催していますが、全然毛色の違うところから入ったんですよ。

【映画オタク】

私、実は「映画オタク」だったんです。小学生後半あたりからでしょうかね。スターウォーズが日本で始めて公開されたあたりからですよ。テレビでは日曜日の夜に「宇宙空母ギャラクチカ」とかが放送されていた頃じゃないかしら。
その頃、日本全国映画ブームでした。インターネットもまだ無い時代ですから、映画が娯楽の代表格でしたね。
記憶が不確かで申し訳ないですが、その当時は映画を放送する番組が、週に3本以上はあったと思います。覚えているのは月曜日に高島忠夫さんが解説をし、水曜日には水野晴郎さん、日曜日には淀川長治さんが映画の解説をしていました。
印象に残っている映画としては、「タワーリングインフェルノ」「ポセイドンアドベンチャー」「黒の絨毯」など。パニックものが好きだったんですかね。

【ラジオで映画音楽】

中学生頃だと思いますが、ラジオで映画音楽を放送する番組が始まったんです。解説は小林克也さん!
ラジカセにカセットテープをセットして、エアチェックしましたよ。まだ残っているかわかりませんが、カセットテープ30本くらいにはなっていた筈です。

【映画音楽で知った有名ミュージシャン】

有名どころのミュージシャンも映画音楽から知ったケースが多いんです。
例えばデビッドボウイ「キャットピープル」という映画の曲から知りました。ビージーズ「小さな恋のメロディ」。その後「スティンアライブ」と同じミュージシャンだと発覚してなおビックリ!クイーン「フラッシュゴードン」で知りました。その後、「メトロポリス」の歌がクイーンのボーカル:フレディマーキュリーだと知る事になります。
数年前に亡くなったプログレ界の大御所キースエマーソンも日本のアニメ「幻魔大戦」で知りました。ニールセダカの娘さんのデラセダカ松本零士「銀河鉄道999」に続く作品となった「新竹取物語 1000年女王」で知りました。

【最高の映画音楽は恐怖映画】

でもね、
私が特に好きな映画音楽は恐怖映画の音楽だったんです。ラジカセで恐怖映画の音楽を聴く、かなり変わった少年でした。
皆さんもよくご存知の「エクソシスト」「チュブラベルズ」とか、「ゾンビ」「サスペリア」「サイコ」。すばらしいですよ。「サスペリア」のミュージシャン「ゴブリン」も民族楽器っぽい感じでかなり好きですね。

【映画音楽のあるべき姿】

最近は流通している楽曲をそのまま持って来ちゃったりしますけど、当時の方が有名どころのミュージシャンも、映画の為に描き下ろしていた様な気がします。だからこそ、音楽を聴いただけで、映画のワンシーンが蘇ってきたりするのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

観て聴いて読んでくださりありがとうございます。サポートいただいたものは映像動画コンテンツ制作費用として大事に使わせていただきます。これからも皆様に響くコンテンツを発信してゆきたいと思っておりますので、応援よろしくお願い致します!

11

tetsu

無料コンテンツ

一般の不特定多数の方々に読んでいただきたい無料コンテンツを集めました。普段のちょっとした気付きや想い、また動画の宣伝告知など。ご興味を持っていただけましたら、もう少しコアな部分に踏み込んだ内容の有料マガジン「MagTetsu」のご登録もお待ちしております!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。