聴こえぬ音 伝える音楽

<目次>

・自然に定着した【ぶるきちゃ】という名前
・立ちはだかる壁
・聴こえなくても音楽は楽しめるという証明
・掲載記事

【自然に定着した「ぶるきちゃ」という名前】

現在、私の記事の中でも人気のある連載「ぶるきちゃライブ・その軌跡」。この「ぶるきちゃ」という言葉、いずれまた連載記事でも説明はするつもりですが、私が催していたライブイベントの正式名称で「The Shadow's TV公開録画番外編ぶるぶるきちゃうぜっ!!!」というものがあり、仕掛けたわけでもなく自然発生的に「ぶるきちゃライブ」という名前が定着しました。

【立ちはだかる壁】

このイベントは、ろう(聴覚障害)者と健聴者が一緒に音楽を楽しめるライブイベントなのですが、この「一緒に音楽を楽しめる」というところがポイントなのです。
よく福祉イベントである様な、健聴者が手話をしながら歌ったり踊ったりする様なものではなく、またろう(聴覚障害)者に向けた「耳の聞こえない人達に音楽を楽しんでもらおう」というイベントでもありません。「どちらかが、どちらかに対して何かをしてあげる」というバランスを崩したかったのです。
「ろう(聴覚障害)者」と「健聴者」という壁自体を無くしたかったんですね。「音楽を一緒に楽しむ」という部分にとことんこだわりたかったのです。

【聴こえなくても音楽は楽しめるという証明】

それがどんなイベントだったかは、今後の連載を楽しみにしていただきたいのですが、こういうちょっと特殊な性質を持つイベントでしたし、他にも例がなかったので、開催・継続にはいろいろと苦労もありました。一筋縄ではいかないというか。

この連載では、他の関係者に語った事のない私の想いや偏見、疑問も素直に書いているつもりです。

どんな反応が返ってくるのか不安な面もありますが、皆様に何かしら感じ取って頂ければと思います。

【掲載記事】

ろう(聴覚障害)者との出会い/ぶるきちゃライブ・その軌跡<1>

眩しい世界/ぶるきちゃライブ・その軌跡<2>

表現へのこだわり/ぶるきちゃライブ・その軌跡<3>

是非ご一読くださいませ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

観て聴いて読んでくださりありがとうございます。サポートいただいたものは映像動画コンテンツ制作費用として大事に使わせていただきます。これからも皆様に響くコンテンツを発信してゆきたいと思っておりますので、応援よろしくお願い致します!

スキありがとうございます!そんなマニアックなアナタ、大好きです!
6

tetsu

無料コンテンツ

一般の不特定多数の方々に読んでいただきたい無料コンテンツを集めました。普段のちょっとした気付きや想い、また動画の宣伝告知など。ご興味を持っていただけましたら、もう少しコアな部分に踏み込んだ内容の有料マガジン「MagTetsu」のご登録もお待ちしております!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。