見出し画像

「多様性」と「画一性」

「多動性」とか「多様性」とか、「多○○」という言葉が流行っていますね。

今回お話ししたいのは「多様性」について。
 確かに世の中には情報が溢れ、すべてのものが細分化され、ジャンル分けできないほど「多様化」が進んでいます。しかし、「多様化」が進んだとはいえ、我々人類に「多様性」があるかといえば「否」であると私は思います。

【多様性とは】

そもそも「多様性」の意味は、ウィキペディアから引用するならば、

 『多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。』

とあります。

人それぞれが「幅広く性質の異なる群が存在すること」を認識したうえで、自身の意見を発信しているのであれば、「多様性」があると言えるのでしょうが、見渡してみてどうでしょう?ちょっと意見が違うだけで、本質を理解しようともせず、自分勝手な正義の名の元に、揚げ足ばかりを取りたがるSNS住民ばかりではないですか?
 確かに世の中は「多様化」しました。が、その一方、進んでいるのは「多様性」ではなく「画一性」(かくいつせい)だと思うのです。

【画一性とは】

「画一性」の意味は、weblioから引用するならば、

『個々の性質や事情は重視せず、全体を一様にそろえること。』

とあります。

人々は、「多様化」した溢れかえる情報の中から、自身の考え方に合致したピンポイントな情報のみを取り出し、その情報を周辺においておく事で安心しているのです。そして、自身のパーソナルスペースの中に考え方の異なるものが入ってきた時、自身のアイデンティティーが脅かされる感覚に陥り、攻撃を始めます。
 この盲信的、自己洗脳的な行為は極めて危険で、度を過ぎると社会生活までままならない状況になってしまいます。

【多様性を身に付けよう】

もうすぐ元号も「平成」から「令和」になります。
 新しい時代を生き抜くためにも、「多様性」を身に付けてみませんか?まずは、他人の考え方を受け入れる事から始めましょう。

…と、自分に言い聞かせてみるww

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

観て聴いて読んでくださりありがとうございます。サポートいただいたものは映像動画コンテンツ制作費用として大事に使わせていただきます。これからも皆様に響くコンテンツを発信してゆきたいと思っておりますので、応援よろしくお願い致します!

スキありがとうございます!そんなマニアックなアナタ、大好きです!
7

tetsu◇映像作家

映像作家◇現代アート作家◇自社制作音楽番組はケーブルテレビ8局&動画サイト5サイトで10年以上の放送実績◇まちおこしまちづくりPR動画サイト「みんなの教科書」運営◇1年間で1000作ものアート作品発表◇名古屋在住◇twitterは米twitter社公認アカウント

無料コンテンツ

普段のちょっとした気付きや想い、また動画の宣伝告知など。ご興味を持っていただけましたら、もう少しコアな部分に踏み込んだ内容の有料マガジン「MagTetsu」のご登録もお待ちしております!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。