見出し画像

第1回「次世代UX」体験セミナーを開催いたしました!

9月12日に「次世代UX」体験セミナーを開催いたしました。

会場では会議室のデスクを全て片づけて、アウトドア用のチェアを並べてみました。ふだんの会議の延長ではなく、いち生活者の気分でご参加頂きたい、そんな気持ちで用意したものです。

初めは戸惑い気味だった参加者の皆さんも、身体を包み込む感じのアウトドアチェアにだんだん慣れ、とてもリラックスした雰囲気でセミナーが始まりました。

画像6


皆さん、スマホを嫌いになって帰って下さい!


開口一番、代表樋口から衝撃的な一言が。
皆さん、今日はこのセミナーでスマホを嫌いになって帰って下さい!


誤解のないようお伝えすると、決してスマホにケンカを売っているわけではありません。
スマホに全てのコミニュケーション機能を担わせようとする風潮に異を唱えたい、そんな気持ちから出た発言です。

スマホは、喩えると『家電のリモコン』に似た、限定的な機能を担うデバイスです。
皆さんは、Windowsが登場した時のことを覚えてますか。ビル・ゲイツはこのOSを「人が世界とつながるための窓である」と位置づけました。彼のビジョンは、新しい未来の到来を予感させてくれました。
ところがパソコンがスマホにとってかわった今、世界につながる窓はずいぶん狭く、不自由になったと思いませんか。


図2


スマホとは別に、人が世界につながるためのもっと広くて大きな窓があってほしい、それはもう、今さらテレビやパソコンではないのでは、と私たちは思います。
個人がゆるくつながる今の時代、新しい窓はリアルな公共の空間にあって人にとって心地よい存在であってほしい。新しい発見や刺激に溢れた窓であってほしい。複数の人が共有して、コミュニケーションを楽しめる場であってほしい。

このセミナーは、そういった世界につながる新しい窓について考える、ひとつのきっかけになってほしいと思います。

キャプチャ


最新の技術を活用して印象的なユーザー体験を作る

テクノロジーの進展とともに、コンテンツは以前と比べ格段に豊かな表現を使えるようになりました。
セミナーでは、そういったトレンドの技術を使った新しいタイプのコンテンツや、体験感のあるUXの例をご紹介しました。技術知識としてはご存知の方も多かったと思いますが、ユーザー体験価値への活用は、皆さんまだこれからではないでしょうか。

従来リアルの店舗では、人に刺激や感動を与えたり心地よい気持ちにさせたり、そういった「お店としての空間づくり」が大切にされてきました。

店舗は、商品の魅力をユーザーに直観的に一瞬で伝えるために、商品のテーマ企画や陳列に多大なエネルギーを注ぎます。店舗側のその努力があるから、ユーザーはお店に足を踏み入れた瞬間ワクワクできるのです。

店舗には、ネットでみるようなインフルエンサーの解説や価格比較といった機能はありません。ユーザーはただ直観的に、お店が伝えようとしている世界感を感じ取り、共感や発見を得るのです。

ひきかえデジタルの世界では、ユーザーの感性を刺激するリッチなUXの構築は、効率化・標準化の合言葉のもとに後回しにされがちでした。これではデジタル体験は、いつまでたってもリアルの劣化版のままです。ユーザーはワクワクしないのです。

お店でやっていること、さらにそれ以上のユーザー体験をデジタルの世界でも実現できないでしょうか。

リアルの光景さながらにゆらゆらと動くシネマグラフ、高解像度で撮影された動画や画像、ダイナミックかつスピーディに視点がスライドするドローンでの撮影、没入感に浸れる360度動画・・・。

昔はちょっとリッチなコンテンツを作るには、高価な機材や労力、専門スキルが必要でした。それが今では、とてもお手軽にできます。その一端を、セミナーでは体験して頂きました。

キャプチャ5


体験型のコンテンツとは、自分が主人公になれるコンテンツのこと

最後に、体験型コンテンツのあり方について、お話ししました。

従来のテレビやyoutube動画の手法はいわゆる「番組型」で、ユーザーは「閲覧者」です。動画の主人公は、あくまでも動画の中にいる人たちです。これだと「ユーザーの心に届く体験」には、なかなかなれません。ユーザー自身が主人公にならなければいけないのです。セミナーでは、体験型のコンテンツと番組型のコンテンツの違いを次のようにご説明しました。

キャプチャ6

2つの違いがわからないと、体験型といいながら、インフルエンサーに依存してしまったり、動画編集に無駄に労力をかけるといった、間違った努力をしてしまいます。
従来から動画やコンテンツ編集をやってきた人ほど、体験型の意味を取り違えることが多いようなので、ぜひ気に留めて頂きたいところです。

『明日のUX作っちゃおうラボ』オープンします!

図3

今回の取組は、まだ実装面が追いついていないなかで試験的に行いましたが、私たち自身も最新のテクノロジー・トレンドに触れ、実現したいアイディアがあれこれ湧いてきました。
今後はもっと具体例をたくさん作りながら、皆さんと一緒に、新しい体験価値を追求していきたいと思います。

つきましては、次世代のUXを皆で作りあげていくためのサロンを立ち上げます。

プログラマーやデザイナーの方はもちろん、小売の店舗のご担当の方など、買い物したくなるUXに興味がある方ならどなたでもご参加頂けます。ご興味ある方は担当までお問い合わせください。


また、第2回のセミナーも開催致しますので、日程等決まりましたらご案内いたします。ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。



代表樋口の開催レポートはこちらから▼


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!これからもよろしくお願いいたします
6

シンクエージェント「お買い物はもっと楽しい体験にできる!」

「未来」の価値を一緒に創造します。ファッション業界・小売り業界コンサルティング 株式会社シンクエージェント公式noteです。https://www.think-agent.co.jp/  ▶代表樋口のnote→ https://note.mu/shiguchi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。