映画記録:『キセキ-あの日のソビト-』


去年映画館に観に行こうかなと思いながら結局行かなかったので、先日このDVDも借りて観た。(この映画にも菅田将暉出てるな)



一言で感想を表すと、


「GReeeeNかっこいいな~~大好きだ~~」


に尽きる。



この映画は、GReeeeNの4人の物語というよりは、HIDEさんとJINさんの家族の物語。

というよりはHIDEさんとJINさんの兄弟の物語。



・・・というよりは、「JINさんの物語だなあ」と思った。


他の人がどういう感想を持ったかは知らない、でも私はそう思った。


「医者の息子だから、長男だから」っていう圧力を抱えながら

自分が本当にやりたいことを貫こうとするのは、

本当に信念が強くないとできないことだと思う・・・


誰かに甘えたり、誰かに相談したいときもあったんだろうけど、いつもひとりで乗り越えて頑張ってきたんだろうなあと思う。

たくさん苦労されたんだろうなあ。

それは、去年の夏に読んだ本『それってキセキ GReeeeNの物語』でも思った。その本はこれ。


ここで、

印象に残ったセリフ2つ


両方ともJINさんのセリフから。


「おまえの人生、おまえが決めねえで誰が決めんの」


「俺も身の丈に合ったこと始めたから。

人にはそれぞれ自分本来の役割ってもんがあるんだよなあ。

やりたいことのために必死こいて頑張るとかさ、いろんなもん犠牲にするとかさ、そういうのとは違う次元で世の中動いてんのかもしんねえな。

要するによお、縁の下の力持ちってことだよ」



ちなみに、映画ではJINさんのこれまでを知れて、

本ではGReeeeN4人のこれまでを知れる、っていう感じがする。




ところでGReeeeN4人のキャスト、

特に低音のパートの92さん役の成田凌とSOHさん役の杉野遥亮、本人かと思うくらい歌声も似せててすごい◎

あとnaviさん役の横浜流星も、naviさんのあの音が上がるときに母音をはっきり歌う感じの癖も似ててすごい!

何て説明したらいいのか難しいんだけど・・・あの音の上げ方!(笑)


それはともかくこの「声」、聴いててすごく楽しい。

あとわちゃわちゃしてる感じ楽しそう(^‐^)



GReeeeNの曲は本当に背中を押される。この映画も同じ。

私は私で、もっと頑張って生きていこう・・・!


最近ちょっとだけ心が疲れてて無気力な状態だったけど、これからまた少しずつ元気を取り戻してモチベーション上げていこう。



最後にこの動画を貼って終わる。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

サ日記帳

2017年12月4日に書き始めました。日記やエッセイなど、日々の暮らしの中で感じたことを書きます。2018年は、週末野心手帳と自分への取材手帳も持ち歩いて過ごしていきたいな◎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。