はあちゅうさんのトークイベントに参加した


おとといの3月1日そうそう、良いことがあった。内容はタイトルのとおり。

もともと「いつか会いに行ってみたいなあ」と思っていて、週末野心手帳の「2018年に会いたい人」の欄に「はあちゅうさん」と書いていた。


それがまさかこんなにもすぐ叶うと思ってなくてびっくり。嬉しい。



実際にお話も聴けてサインももらえて嬉しかった!今も嬉しい!



でも本人を目の前にすると全然うまくしゃべられなくて緊張した・・・

せっかく写真も撮っていただいたのに、私の表情ガチガチに固まってた(笑)



そういえばはあちゅうさんという作家を知ったのは、ちょうど去年の今頃だった気がする。

たまたま立ち寄った本屋さんでボーっと本を眺めて歩いていたら、かわいい表紙を見つけたことだった。それがこの本。


すごく私好みな表紙で、すごくかわいい。

思わず手に取ってそれを眺めたあと、その本の著者が「はあちゅう」という方だと知り、そこに載っていた経歴を見て「すごいなあ」と思ったこともあってすぐツイッターを見つけてフォローした。


それから本も数冊買って読んだし、何より、

「こんなにもかっこよくて、綺麗で、知的で、強くて、素敵な言葉を紡ぐ女性がいるなんて!私もそうなりたい!」

といつも思っている。


実際このnoteを始めたのも、彼女がやってたからだ。




はあちゅうさんの言葉に出会ってから、私は強くなれている気がする。

以前に比べて自分を表現したり強い自我を持てるようになっている自覚はあるし、意識が良い方向に変化して人生を楽しく感じられていると最近思う。


たぶんあのとき彼女の本を見過ごしていたら、私はいつまでも殻にこもっているままだったのかもしれない。


そう思うと「やっぱり本がくれるパワーってすごいなあ」と思うし、

それだから私は本や言葉が好きなのかなあと思う。



同じ女性として、はあちゅうさんを尊敬する。

これからの活動も応援していきたいし、またこういうイベントがあったら参加したい。



『恋が生まれるご飯のために』『いつかすべての恋が思い出になる』

これから読むのが楽しみ!



この2冊とも素敵な表紙◎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

サ日記帳

2017年12月4日に書き始めました。日記やエッセイなど、日々の暮らしの中で感じたことを書きます。2018年は、週末野心手帳と自分への取材手帳も持ち歩いて過ごしていきたいな◎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。