2017年のまとめ

あさってから2018年が始まるその前に、今年を振り返ってみる。

あさってと言っても、もう日付が変わっているので明日になる。


先日載せた「にこ&さにーの午後3時25分」というラジオ(というかただの雑談)の中で少し話したが、2017年を漢字一文字で例えるなら「」だと思う。

この1年は、これまで生きてきた中でいちばん濃く、たくさん経験して学ぶことができた。

例えば、就活と実習。

私は現在大学4年生なので、この春には就活をした。それと、ある課程を履修しているのでその実習にも行った。

どちらも自分を見つめなおす良い経験になったし、それと同時に、「私は将来どんな大人でいたいか」という理想像を以前よりは具体的に描けるようになった。

そう思えるのは、自分がいつもよりも少しだけ一歩踏み出したからだと思う。踏み出したその先には、とても素敵な大人たちがいた。短い間だったけど育ててもらったし、その人たちからたくさん学んだ。

世の中、良い大人ばかりじゃないことなんかとっくに知っている。でもそういう人たちはきっと私にとってはあまり大切じゃないし、そういう人たちのことを考えるくらいなら、私にとって大好きな人たちのことを大切にしたいし幸せにしたいと思う。



例えば、趣味である音楽。

例年と唯一違うことをしたといえば、今年は自分の作ったものをネットに上げたことだ。

ときどき曲を作ってみたり好きな曲をカバーして歌ってみたりということは割と数年前からしていたが、すべて自分の中の世界だけで楽しんでいた。「ネットに上げてみたいな」とは何となく思っていたが、何となく踏み出せずにいた。


ところが9月、大学の授業が週2になって時間を持て余しそうになることが分かったとき、思い立って曲をニコニコ動画に投稿した。しばらくすると「好きかも」とコメントがついていた。なんだか恥ずかしさと嬉しさでもう訳が分からなくなって、とっさにそのページを閉じてしまったことを覚えている。(そのあと何度か開いてそのコメントを見てはにやけていた)

評価はどうであれ、自分の好きなことを表現するのは楽しいと学んだ。来年も私なりのペースで音楽と生きていきたい。



例えば、このnoteもそうだ。

自分の作った曲のことをまとめて残しておきたいと思って始めた。けれど最初はnoteではなく、はてなブログでやっていた。

少し経ったときに「他にいいのないかな」と思って見つけたのがこのnoteで、サウンドや動画を載せられるのが良いなと思いすぐこちらに乗り換えた。

それに、noteにはいろんな人がそれぞれのコンテンツを発信していてとてもおもしろいし刺激になる。まだnoteを始めて日は浅いのでもっと活用していきたいと思うし、来年はnoteでラジオをするつもりでいるので楽しみだ。

もっと「私」を発信してみたいなと思う。


そういえば今年、思わぬ形で夢が叶ったことがあった。

一度は見たいと思っていた選手たちの走りを、福岡国際マラソンで実際に見られたことだ。


大迫選手、神野選手、設楽選手、川内選手の走りを、画面越しではなく沿道から見たいと中高生の頃から思っていた。

それが今月、実際に見ることができてめちゃくちゃ嬉しかったし感動した。「あんなに一瞬で走り去って、もうあんなところまで行っちゃうのか」と思った。

あと、普段知っている街を好きな選手たちが走っているということもあって、なおさら嬉しかったし良い思い出になった。



2017年、思い返せば初詣で引いたおみくじはすべて「大吉」だった。実際に大吉な1年だったと感じる。


けれど大吉な1年にしたのは神様ではなく、たぶん私自身だと思う。アクティブかつポジティブに過ごしたことが繋がっているんだと思う。

2018年も、自分の手で大吉な1年にしてやる。



明日は大晦日。朝から超田舎の祖父母の家に行く。

あまり通信環境が良くないから、今日のうちにこの日記を書いておくことにした。夜は大好きなバナナマンが今年も紅白の副音声をするらしいので楽しみ。



・・・という感じでだらだらと綴りながら、今年最後の小さな贅沢!

こんな時間に、こんなに甘いものを食べるなんて、なんて罪なんでしょう・・・

良いお年を◎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

サウザンド・サニー

普段は先生やってます。音楽が好きで、宅録の音源や日々の出来事を書いています☀︎2018年は、不定期で日曜日にラジオを配信していきます。YouTube(http://goo.gl/RVd47s) SoundCloud(http://goo.gl/RGZ2YK)

サ日記帳

2017年12月4日に書き始めました。日記やエッセイなど、日々の暮らしの中で感じたことを書きます。2018年は、週末野心手帳と自分への取材手帳も持ち歩いて過ごしていきたいな◎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。