カワイイなんてkick it off!!

パレスチナのこと以外を描くのはかなり久しぶり。でも書かずにいられないことを目にした。それは見た目問題!

そんなに見た目の可愛さとか美しさは重要なのか?そのカワイイとか綺麗って誰かがわたしに、あなたに、言う言葉でその基準っていったいどこに?
しかも、カワイイは若さに紐付いていることが多くて、自分がカワイイとしても時間はどんな人にも平等に過ぎていって1年経てば1歳年をとる。誰でもお金持ちでも貧乏でも高学歴でもそうでなくて、生きている人全員に。
カワイイって言われて育つと苦しいような気がしていた。カワイイに自分の価値があると思い込んで大人になったら途端に年取るの若さが徐々に失われていくの恐ろしくなりそうじゃないですか?今日より明日年取ってるんだから。
そしてカワイイとか美人の基準って時代によって変わることも明白。

じゃあ、自分の価値ってどこにあるの?そう考えた時に思ったことは中身にあると思った。当たり障りない、綺麗事って思いました?
中身って性格がいいとか心が綺麗とかそういうのももちろんあると思うけど、自分と違うフィールドの人との交流とか経験とか知識とか知恵とか想像力とかそういったことのバランスの良さとか全てひっくるめて1つの言葉にするなら”センス”だと思うのです。

自分の内側に資産を溜め込むことってそういうことだと思うんです。それって誰からも盗まれないし比較されないし、しないし、時を経て劣化することはない(アップデートは必要)。

わたしがどうしてそう思うようになったかというと、中学生の時に読んだ本がきっかけ。

三島由紀夫の『女神』

この本を読んだ時、どんなに美しい見た目であっても失われるんだ、そこにしか自分の価値がないって恐ろしいことだって中学生ながら感じた。今でもその時の気持ちがわたしの底にある。

シミもシワもある顔は海で遊び中東を放浪し楽しんだ証であり、ある種遊び倒して誰よりも楽しんだという勲章とも思っているし、心地よく過ごすために太りすぎないようには気をつけることはあるけど好きな食事を節制することはあまりない。

何が幸せかって人が決めることじゃないし、自分が感じること。
感じていられればそれは美しい。

見た目を気にしてやれるはずのことに挑戦出来ないなんて悲しすぎる。不自由な国に通う身としてはより一層感じる。やれる環境なら楽しんだもん勝ち。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

パレスチナ料理修行の旅への資金へと使わせていただきます。

ありがとうございます!わたしも読みますね!
6

Azusa Suga

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。