エルサレムの天使

エルサレムの有名人、ドゥードゥー。本名はモハメッド。
彼はで天使、みんなから愛されている。2018年の夏に初めてドゥードゥーと会った。場所は神殿の丘。アクサモスクに彼は通う。

彼はダウン症という先天性疾患がある。恥ずかしながらわたしはダウン症という名前は知っていたけれど、どういったものなのかを知らなかった。そして今までダウン症の人にも出会ったことがなかった。偏見どころか何も知らなかった。予備知識がなくてよかったのか、知っていた方がよかったのか・・・わからない。まあよかったかな。

ドゥードゥーがどれくらい有名かというとアルジャジーラにも取材を受けているほど!

メディアに出ているからという昭和的発想はさておき、エルサレム旧市街を一緒に歩くと、至る所から声がかかる。

サラーム、ドゥードゥー!
サラーム、モハメッド!

握手をしたり、ハグをしたり、写真を撮ったり大忙しのドゥードゥー。彼はイスラム教徒なのだけど、キリスト教徒のお祭りでも参加してそのマーチでは先頭だったという話も聞く。日本みたいな宗教なんでもアリな国(場所)ならまだしもエルサレムでですよ!信じられます??聖地エルサレムで宗教行事で他宗教の人が先頭に立つって!!

それくらい愛なんです。エルサレム愛。愛が溢れているんです。

ユーモアが溢れるドゥードゥーと出会ったのは2018年9月終わり頃、エルサレム在住の美恵子さんとすれ違う。ふと振り返る。

ガリコです。

あ、わたし知ってます。

彼女は本を出していたので名前を知っていた。一緒にアクサに行くことになり、諸所あって夕方ダマスカスゲートでみんなでコーヒー飲むことになり、その時にドゥードゥーを紹介してもらった。その時、わたしはTシャツを着ていた。ガッサーンカナファーニーの似顔絵をシルクスクリーンプリントしているやつだ。


そのTシャツすごいね!

ここで着るとなおのことでしょ?

カナファーニーはイスラエルのモダドに爆殺された男なのです。パレスチナの色んなところに似顔絵があります。

次来る時持ってきますよ、美恵子さん着てくれます?

ええよ、着るよ。

ドゥードゥーも着る?

そんな会話だった。
それから半年が経ちわたしはまたパレスチナに来た。

ドゥードゥーと仲良しのジャーナリストに事の経緯を話しドゥードゥーに会いたい旨を伝えた。

まあ、いいじゃないか。旧市街を撮影に行こう。そうしてるときっと会えるさ。

私たちは旧市街の屋上に行き撮影を始めた。ここからは輝く岩のドームが目線上に見える。

何処からともなく走ってくるドゥードゥー!汗をかき息を切らす。

ドゥードゥー覚えてるか?彼女のこと?お前に会いに来たんだぞ!

ドゥードゥーは覚えてるのか覚えていないのか、はにかんだ感じで握手を求めてきた。

覚えてる?夏に約束したTシャツ持って来たよ!

笑顔で受け取ってくれた、そして小さい声で恥ずかしそうにありがとうって。

じゃあ、ダマスカスゲートに戻ろうか。さ、ドゥードゥー、機材運ぶの手伝って!

わたしたちはダマスカスゲートに向かうも、道すがらドゥードゥーが呼び止められハグしたり写真を一緒に撮ったりするのに時間を取られながらいつもの倍かかって戻り、ダマスカスゲートの階段に座ってお茶をした。

#エルサレム #旧市街 #旅日記 #パレスチナ #一人旅 #イスラエル

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

パレスチナ料理修行の旅への資金へと使わせていただきます。

嬉しいです!シェアもしてくれるともっと嬉しいです!!
3

Azusa Suga

聖地パレスチナ 一人散歩

聖地パレスチナ一人歩き。非日常にあふれた旅の記録
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。