ただいまダマスカスゲート

昼寝を終え、色々やることはあったがまずはここに。
旧市街の入り口ダマスカスゲートへ。少し日の傾いた頃、人々の往来。階段の上から見るダマスカスゲート。

前回から渡航から半年、あからさまにイスラエル兵が増えた。この時8月下旬。5月にはアメリカのトランプ大統領の渡航があり、その後イスラエルによるアルアクサモスクに設置されたチェックポイント(現在は撤去)、その影響でデモが増えたニュースは見ていた。

ダマスカスゲートの階段の上と下、以前と比べて倍のイスラエル兵がいる。前回は10人前後、今は優に20人は超えているだろう。前はなかったイスラエル兵の待機場にようなものもできている。かといって今は緊張感もさほど感じられない。

帰ってきたよ、ダマスカスゲートに。胸が苦しくなる郷愁。

さて、現実に戻る。まずは携帯を使えるようにする。西エルサレムにあたる、トラムの駅でいうとシティホール駅付近。携帯電話屋さんでトップアップする。

OrangeのSIMカード持ってるんだけど、どのプランがいいかな?2週間くらいいるんだけど。
それなら1ヶ月用だけど、通話もネットもできるこのプランだよ。
じゃあ、それにする。で、ヘブライ語わかんないから、手続きしてくれないかな?
OK やってあげるよ。

気のいいおじさんが、お店も平日で暇なのもあってか、快く設定してくれた。
以前自分でしようとしたのだが、指定された電話番号に電話して、指示通り番号をプッシュするだけなのだが、ヘブライ語の案内でよくわからなかった。

これで使えるはずだよ。

iPhoneを確認すると通信キャリアOrangeからSMSが届いていた。読めるのは数字だけ。きっとプランとか金額とかの説明だと推測される。


携帯も開通できたので、東エルサレムに戻る。旧市街の外のアラブ地区。ここでジュースを飲む。

アッサラームアレイコム!ざくろジュース飲みたい!
アレイコムサラーム!ざくろジュースだね。うちのざくろジュースは美味しいよ。

わたし半年前もここに来たのよ。その時はコーヒーを頂いたの。

そうかそうか、覚えてるよ!ユーアープリティ!
あはは。嘘ばっかり。でもありがとう。
ざくろは2種類あって、酸っぱいのと甘いの。どっちにする?
わたし酸っぱいのにする。

そう言うと、店のおじさんはざくろ3つを半分に切って縦長い絞り機に設置し上からレバーを下に押して果汁を絞り出す。下にはプラスチックのコップが設置されている。

絞りすぎるとエグミが出るからね、俺はプロフェッショナルだから美味しいよ!さあ、どうぞ。

白いプラスチックカップが上の方までピンク色に染まっている。そのコップを手に取ると冷たくないざくろジュースをごくごくと飲んだ。

酸っぱくて美味しい!おじさん、さすがプロフェッショナルね!
君は学生?観光?いつまでここにいるんだい?
学生じゃないよ、遊びに来ているの。パレスチナには2週間かな。今日着いたのよ!
ウェルカム!パレスチナはいつでも君を歓迎するよ!

パレスチナで必ず聞かれる言葉だ。

ここに座ってゆっくりしていきなさい。

プラスチック製の小さな椅子を出してくれた。

おじさん、ざくろジュース1つね、甘いの。

別のお客さんから注文が入った。

おじさんはさっきと同じように慣れた手つきでざくろをカットし果汁を絞った。絞ってもう1つのカップを設置した。

先のをお客さんにわたしもう1つ、一口とちょっとだけ甘いざくろ果汁が入ったカップをわたしにくれた。

飲み比べてみて。こっちも美味しいから!

パレスチナに来た!そんな実感。

パレスチナの旅が始まった。

+++訪れてくれるみなさまへ+++

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

本文章を書いているAzusa Sugaをサポートしてやろう!という奇特な方がいらっしゃいましたら、下にある「クリエイターにサポートする」機能からのサポートをご検討くださいませ。

そのサポートはこれらの文章や写真を本にする出版資金または次の文章を書くためのパレスチナ取材旅への資金へと使わせていただきます。

kindle book 聖地パレスチナ一人散歩も好評発売中です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B074DDF7C6

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

パレスチナ料理修行の旅への資金へと使わせていただきます。

Shukuran!!Thank you!!
7

Azusa Suga

6回目のパレスチナ

2017年夏の旅。ヨーロッパに住むパレスチナ難民との出会い、本国でも出来事。一期一会の旅
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。