見出し画像

自分を知るための思考整理~運命を変える3ステップ。

自分を知るための思考整理
【ふせん&ノートのワーク】

考えることが好き。

好きだけど、頭の中で何度も同じところを行き来したりして、効率悪いなぁと思っていた。

書き出して、俯瞰して、自分の言葉でまとめる事が出来るようになると、人にも伝えやすいし自分にも定着しやすいと気づいた。

そうやって、自分の核になっていくんだな〜と思う。

離婚して未婚出産して『普通じゃない』状況が辛いと思っていた時期、いろんな本を読んだ。

心理学、社会学、哲学、歴史、脳、お金、エッセイ、自己啓発、、、、

先人たちが、何を考えどう行動してきたのか、たくさんの考えを自分にインストールした。

頭に入れるだけじゃなくて、実際に行動して、自分で気づく事があって、体験して身になっていく。

嫌なことがあったとき、失敗したとき、辛いとき、不安なとき、ネガティブな感情があるときほど、そこから抜け出したくて色々な本を読んだ。

それなりに答えや救いはあったけれど、一番早く乗り越えるには、自分と向き合うことだということにたどり着いた。

自分が何に不安を持っているのか?

どうなったら不安が無くなるのか?

どう行動すればいいのか?

しつこく感情を掘り下げて、どうなったらいいのか考えた。

そうやってひとつずつ取り組んでいったら、いつのまにか同じことで落ち込むことは無くなった。

あんなに苦しかったのに、乗り越えた先には安心しかない世界があった。

時間はかかったけど、ここまでどうやってたどり着いたのか、わたしが行った思考整理の方法を書いておこうと思う。

考えの整理も、モノの整理も同じ手順。
整理収納のスキルが、
思考の整理にもすごく役立った。
知識は身を救う、って本当だ。

******

思考整理のワークで使うモノ

色んな思考整理の方法を試した末にたどり着いた、ノートとふせんを使ったワーク。

***用意するもの***
・A4の大きいノート
・ふせん
・ペン
・A5ノートは、思いついた時にすぐ書く用&持ち出し用(空欄のふせんを貼っておいて、A4ノートへ移してまとめる)

デザインが好きな大人キャンパスノート。
ふせんが貼りやすい方眼が好き。

ふせんノート用のほうは、色んなサイズがあって使いやすい!
gnotesは原色カラーとサイズ感が好き。

******

ふせんを使うメリット

・思いついた順にポンポン書いていける。
順番や書く場所(ページ)などを考えなくても、思いついた順に書けるから忘れないうちに書くことが出来る。

・移動できる
書き出した後に、ジャンルごとに別ページにまとめることが簡単にできる。

・枠がある
1枚のふせんに書ける量は多くないから、ある程度要約したものを書くことになる。キーワードとか。
マスを埋めるノート術を行うときのように、ノートにペンで枠を書かなくていいのが楽。両方のいいとこどりの方法!!

******

WORK1・ネガティブな感情を全部出す

まず、何が不安で、不満で、悲しいのか。

ネガティブな感情を全て書き出す。

※人間は、空欄があると埋めたくなる性質のようなので、先にノートにふせんを貼っておくと、埋めたくなって書き出しがスムーズになる。
↓書き出したい内容の周りに、ふせんを貼っておく。

これは、片付けの手順と一緒。

とにかく全てを出してから整理をする。

自分が何を持っているのか、知っているつもりでも忘れているモノは必ずある。

その忘れていたモノのせいで、新しく入ってくるためのスペースがなかったり、無意識に否定的な気持ちになっていることもある。

だから、すべて出して、全体を把握することで、安心して整理にとりかかれる。

******

WORK2・ジャンル別にわける

悩みの全体像がつかめたら、ジャンルごとに分ける。

仕事・お金・恋愛・家族・暮らし・子育て・自分のことetc.

だいたい、このくらいのジャンルにすべて分けられるんじゃないかな??

混沌としてあふれている状態は、とても太刀打ち出来ないと思わせる負のパワーがある。

全て出して、整理して、ひとつずつとりくめば、出来そうな気がしてくる。

『困難は分割せよ』という哲学者デカルトの言葉に出会ってからは困難は困難では無くなった。

大きな困難に見えることでも、分けて、ひとつずつとりくめば、乗り越えることが出来る。

******

WORK3・ひとつずつ取り組む

その中からひとつずつ、変えていきたい順番でも、出来そうな順番でも、今の自分が取り組めそうなものから取り組んでいく。

******

運命を変える3ステップ

①M・マインドシフト(思考を変える)
考え方のクセを知り、自分以外の考えもあると知る。
本を読む、人と話す、など。
自分の考え以外の視点を持つ。

②I・Iメッセージ(言葉を変える)
I(アイ)メッセージで伝える。
Iメッセージとは、主語が私(I)のメッセージのこと。
あなたはこうしてほしい、だれかがこう言っていた、ではなく、私の思い・考えはこうです。と伝える。(自分や相手へ)

③A・アクション(行動を変える)
行動する。

******

ワークの効用

このワークに取り組むと、頭の中が軽くなる。

いっぱいいっぱいだーと思っていたことでも、全て書き出すことで俯瞰して見ることができる。

自分が何に苦しんでいたのか、全ての悩みは繋がっていて、自分の考え方のクセによって起こっていると気づくことができる。

無いものにフォーカスしているから、苦しくなる。

あるものにフォーカスできるようになると、全てが好転する。

日本人は、謙遜が美徳とされていたり、修行が大好きらしい。

自分をさげなくても、我慢しなくても、苦労しなくてもいい。

もうすでに、あるから、このままでいい

そう思えるようになる。

そうなったら、すごく楽になる。

だから、ここじゃないどこかに、自分を探しに行かなくても、自分を見つけることはできる。

自分のために、自分となかよくするための、自分会議をたくさんしてほしいな

と、辛かった時の自分へ伝えたい。

大丈夫だよ、って、伝えたい。

******


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

おいしいもの食べましょう♡
6

Yuu

1983年東京生まれ乙女座のA型・長女。亥年。 小5長男、小3長女、5才末っ子男児の母。製菓衛生師/パティシエ/整理収納アドバイザー/ステップファミリー予備軍/建築・リノベーション会社代表取締役/ダーリンと本が好き。

『運命を変える3ステップ』

①考え方を変える(マインドシフト・・・M) ②言葉を変える(Iメッセージ・・・・・・I) ③行動を変える(アクション・・・・・・A) M・I・Aの3ステップを、ひとつづつ越えていくと、良い習慣となり、よい運命へ変わっていくという考えで、自分に起きたことを分かりやすく伝えて...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。