マンガの制作過程も見てもらう事に③

【記事の見出し】
1:制作の順番
2:ネームの絵を超えられない問題

※この記事は制作日記です。漫画はこちら

前回、モリヤンのTシャツのデザインを皆様に選んでいただきました!ありがとうございました。結果プーマ?を着せて今回のストーリーを進めていきたいと思います。描くのは僕ですが、せっかくなので皆様にも作品にご参加いただければ少しは仕上がりを楽しんでいただけるかなと、ほんの遊び心でございます。
さて、ネーム(マンガの設計図)がひと段落しましたので、今日は下書きに入ります。この工程を最近デジタルに替えたのですが、すんごい楽!そして楽しい!もっと早くデジタル作画に触れていればよかったと後悔しています。

進め方は
①取り込み
②取り込んだネームをなぞり描き
③細かい所を調整
④仕上げの着色

⬆︎これが、取り込んだネームですね。

で、その上からなぞっていきます!

ネームには無かった細かい所を描きます

で、色をつけます。

今回は皆さんにお見せする為にこのコマだけ先に仕上げました。

僕はここでいつも思う事があります!

ネームの絵を超えられない問題

マンガを描いた事のある方なら味わった事がある経験かと思いますが、息巻いて本番原稿に下書きを進めていくと、「あれ?」ネームの絵より感じが出ない!なんてことありませんか?僕は結構な確率でこの問題に直面します!仕上がっていく段階でコマによってはがっかりする事があるという事です。

冷静に原因を考えてみると…本番原稿だから失敗したくないと丁寧な線にこだわり、ペンのスピードを失い大胆なストロークを出せない。結果つまらない線になってしまう。こんな感じでしょうか? デジタルだとやり直しがいくらでも出来るので完璧な形まで追いかけてしまいます。アナログは一発勝負ですが、ちょっとくらい歪んでても生き生きしている描写はやっぱり素敵ですし、まあここは僕個人的な好みの問題?

きっとみなさんから見たら、「え?同じだよ?」って思うかもしれませんが。その辺は気になるものなんですよ…描いてる本人は「あっなんかこのコマ死んだ…ネームに負けた…」みたいな。

という事で!そんな風にならないようにしっかり描け!としか言いようがありませんが、作家はそんな所を気にしながら作っていますアピールでした!

これ書いてる暇があったらマンガ仕上げろって感じですが。そこは優しく見守っていてください…



漫画はこちら

仲曽良ハミのtwitterはこちら
よろしければフォローをお願いします!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。 いただいたサポートが貯まったら作業しやすいパソコンを買います!

つけてくれると信じてました!
95

仲曽良ハミ

マンガの制作過程

僕のマンガが出来上がるまでの日記です。参考になるかどうかは保証できません。

コメント2件

ネームを超えられない問題、ありますー!
note投稿は一発本番の落書きマンガばかりですが(^_^;)
sanmataさま ありますよね!微妙なパーツのズレなんかで「あっダメだこりゃっ」って^_^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。