【総合資料庫】#沖縄ジュゴン訴訟 国際原告団メンバー「米生物多様性センター」が発表した報道声明の要旨と関連する報道・情報・文献等 #SaveTheDugongs #StopHenoko @CenterForBioDiv

エジプト・マルサアラム付近に生息するジュゴン(撮影: Julien Willem氏)

[Last Updated : 2019/3/25]

1.はじめに

2019年1月9日、米国で行われている沖縄・辺野古ジュゴン訴訟原告団のメンバーである全米環境保全団体「生物多様性センター」(Center for Biological Diversity、CBD)※が報道声明を発表。今月開始された控訴審での審理のために用意した「冒頭陳述書」(Opening Brief)を公開するとともに、沖縄・辺野古の大浦湾における在沖縄海兵隊による新飛行場建設を巡る米国での法廷闘争が再開されたことをあらためて表明しました。

原告団と被告の構成は次の通り。

原告

CENTER FOR BIOLOGICAL DIVERSITY
生物多様性センター

TURTLE ISLAND RESTORATION NETWORK
タートルアイランド回復ネットワーク

JAPAN ENVIRONMENTAL LAWYERS FEDERATION
日本環境法律家連盟

SAVE THE DUGONG FOUNDATION
ジュゴン保護基金

ANNA SHIMABUKURO
島袋 安奈

TAKUMA HIGASHIONNA
東恩納 琢磨(名護市議)

YOSHIKAZU MAKISHI
真喜志 好一(沖縄平和市民連絡会世話人)

代理人
EARTHJUSTICE

被告

JAMES MATTIS, in his official capacity as Secretary of Defense
合衆国国防長官としてのジェームズ・マティス氏

UNITED STATES DEPARTMENT OF DEFENSE
アメリカ国防総省

※CBDは非営利の全米環境保全団体。米国100万人の会員及びオンライン国際会員により構成され、絶滅危惧種や野生保護のための活動を行っている。

2.2019/1/9付CBD声明要旨

・絶滅危惧種ジュゴンの保護のために、国家歴史保全法(NHPA)違反に関する訴訟においてサンフランシスコ連邦地裁で国防省を相手に訴訟中の国内外の環境保全4団体と沖縄の現地住民3名で構成される国際原告団が、控訴審に提出する冒頭陳述書(英文PDF)を公開。

・国際原告団(代理人・Earthjustice)は、沖縄宜野湾市辺野古沖に米海兵隊飛行場を新設することについて、米国内法 [訳注: 国家歴史保全法] に照らした違法性を9月に主張したがこれを棄却され、控訴した。今年1月から控訴審を迎え、同2日に冒頭陳述書を提出した。

・ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイ氏を含む数十万の人びとがホワイトハウスの 「We The People」請願署名に署名した [補足: 2019年1月10日現在で約20万人]。

・サンフランシスコ第9控訴審法廷は2017年8月の一審判決で法廷は「外交安全保障に係る案件のため地裁には判断する権限ない」とする 国防省側の主張を退け、「沖縄の現地住民にはその懸念を十分に訴える審理の機会が認められる」とし、原告団に訴訟を提起する権利があることを認めた。

・CBD共同創設者のピーター・ガルビン博士「基地の建設は沖縄のジュゴンにとって大量絶滅イベント(ELE)級の規模の被害をもたらすのにも拘らず、米軍はこの大人しい生物への脅威をまったく無視してきた」と述べ、「トランプ政権には、基地建設がジュゴンや沖縄の先住民文化にどれほどの損害を与えるか、完全な精査を行う必要がある」と指摘。

・「冒頭陳述書」は前回判決が国家歴史保全法に基づく公共参加の手続要件を見過ごしたと主張。国防省側は飛行場建設の潜在的脅威についてコミュニティのメンバーに説明することを忌避し、損害の証拠を無視してきたと指摘。

・ジュゴンは日本の文化財保護法の対象に指定されており、米国家歴史保全法及び国際法に基づき、米国政府には他国における文化財に対する危害を避ける或いは低減することが義務付けられている。

英語全文
Legal Battle Begins in Appeal Challenging U.S. Base's Threat to Rare Okinawa Dugongs

SAN FRANCISCO— American conservation groups and residents of Okinawa have filed the opening brief in an appeal of a court ruling allowing construction of a U.S. Marine Corps air base in the Japanese island’s coastal waters.
The brief, filed in the 9th Circuit Court of Appeals in San Francisco, highlights the base’s threat to the Okinawa dugong, a critically endangered marine mammal related to manatees.
Hundreds of thousands of people, including Queen guitarist Brian May, have signed a petition against the project on the White House’s “We the People” website. Building the base will involve filling in and paving over hundreds of acres of rich coral and seagrass habitat crucial to the last surviving Okinawa dugongs. 
The Center for Biological Diversity, Turtle Island Restoration Network and the Japanese co-plaintiffs are represented in the case by Earthjustice, which filed the appeal. The 9th Circuit ruled in 2017 that Okinawa residents deserved a full hearing on their concerns.
“This base will be an extinction-level event for the Okinawa dugong, but the U.S. military has ruthlessly disregarded the threat to these gentle creatures,” said Peter Galvin, cofounder of the Center. “The law clearly requires the Trump administration to fully consider how much damage this project will do to the dugong and Okinawa’s indigenous culture.”
Dugongs have long been revered by native Okinawans. The brief argues that a lower court’s ruling last year overlooked key procedural and public-participation requirements of the National Historic Preservation Act.
The brief notes that the U.S. Department of Defense avoided consulting with any community members or cultural practitioners regarding the airbase’s threats to the dugong. Military officials also disregarded evidence that the base will hurt dugongs.
The dugong is listed as an object of national cultural significance under Japan’s Law for the Protection of Cultural Properties. Under the U.S. National Historic Preservation Act and international law, the United States must avoid or mitigate harm to places or things of cultural significance to another country.

3.2019/3/19付米下院軍事委員会宛て合同書簡(要旨)

宛・合衆国連邦議会下院軍事委員会
アダム・スミス委員長 殿
マック・ソーンベリー筆頭委員 殿

・国防総省に対し、沖縄の辺野古・大浦湾での一切の工事作業を停止するよう求めることを要請する。

・国防総省の関係者らは、米環境法に対する違反、沖縄の環境上・文化上最も需要な湾に対する明白な損害行為を訴える訴訟が現在進行中であるにもかかわらず拙速に行動しており、これら海域での工事作業を進めることで取り返しのつかない損害を生じさせている。

・この事実に加え、国防総省の行動は2019年2月24日に実施された民主的な県民投票を愚弄している。法的拘束力がないとはいえ、沖縄の有権者の圧倒的な大多数が基地建設に反対した。この歴史的な投票には、基地建設に対する現地住民の広範な反対と心痛を露わにした。

・基地建設には沖縄の現県知事である玉城デニー氏も反対している。知事は防衛省に対し、工事の即時中止を強く訴えている。

・計画されている海兵隊飛行場施設は、多様性に富む沖縄の二つの湾を破壊する。初期の工事はすでに開始されており、絶滅危惧種である「沖縄ジュゴン」(フロリダに生息する「マナティ」と同種)の主な生息地である繊細な珊瑚礁や海藻の広がる海底を破壊し始めている。

・米環境法を遵守することなく当該軍飛行場施設の建設工事を完了すれば、これらの温厚な海洋ほ乳類の絶滅をもたらしかねない。
・ジュゴンは沖縄先住民から神聖視されており、日本の文化財保護法においても特別天然記念物に指定されている。

・国防総省は長きにわたり監督下の土地に対する環境や土地の保護を慈善的に行いながらも、国家の安全を保障してきた実績がある。両者は補完的かつ互恵的な関係にある。多くの問題を抱える基地のために無頓着に埋立て作業を進め、ご都合主義により辺野古湾と大浦湾を破壊してはならない。
・「沖縄ジュゴン」を絶滅せしめるのは国防省の永遠の汚点になるばかりか、最高度の倫理的欠如を示すことになる。絶滅危惧種の繊細な海洋上の生息地を破壊することはわが国自身が受け継ぐ自然の恩恵をも脅威に晒す行為となる。そのような行為は母国においても、国外においても許されるべできはない。

・国防総省は目下、沖縄の文化遺産を保護するという国家歴史保全法の義務規定違反について第9上訴裁判所で係争中である。同省の活動に制約を設けないことは、環境だけではなく、法の支配をも蔑にする行為であり、これは法の下で政府が活動するということを国民が保証できないことをも意味する。

・我々諸団体の代表は下記署名の下、貴委員会の監督権及び立法権を行使して、国防総省に対し、その頑迷な態度を改め、沖縄基地問題に対して合衆国のあらゆる環境関連法を尊重し、また配慮のある形で対応するよう求めるよう要請する。

英語原文
We request your assistance in urging the U.S. Department of Defense to temporarily stop all construction activities in Henoko and Oura bays in Okinawa, Japan. Despite an ongoing lawsuit challenging the Department’s failure to abide by U.S. environmental laws and despite clear damage to two of Okinawa’s most environmentally and culturally important bays, Department officials are acting rashly and causing irreparable harm to the environment as construction moves forward on this new airbase in these waters. Worse, the Department’s actions fly in the face of a recent democratic referendum on February 24, 2019, in which an overwhelming majority of voters in Okinawa opposed the base construction in a non-binding referendum. This momentous vote highlighted the broad and heartfelt local opposition to the base’s construction. The base construction is also opposed by Okinawa’s new governor, Denny Tamaki, who has strongly urged Japan’s Defense Ministry to stop work on the project. The proposed Marine Corps airbase will permanently destroy two ecologically rich bays in Okinawa. Early construction activities are already beginning to devastate sensitive coral reefs and sea grass beds that are key habitat for the critically endangered Okinawa dugong — a relative of the Florida manatee. Completion of this airbase without compliance with U.S. environmental laws will likely result in the extinction of these gentle marine mammals. Dugongs have long been revered by indigenous Okinawans, and they are objects of national cultural significance under Japan’s Law for the Protection of Cultural Properties. The Defense Department has a long history of acting as a good steward by protecting the environment and land under its care, and at the same time ensuring our nation’s security — the two are complementary and compatible. The Department should not blithely plow ahead with a controversial base and rush to destroy Henoko and Oura bays out of expediency. Driving the Okinawan dugong extinct would not only be a permanent blight on the Department of Defense —it would also represent a moral failing of the highest order. Our own natural
heritage is at risk when we destroy sensitive ocean habitats and endangered species. We would not condone such activities at home, nor should we condone them abroad. A lawsuit pending in the Ninth Circuit Court of Appeals is challenging the Department of Defense’s failure to comply with its mandatory duties to protect Okinawa’s cultural heritage under the National Historic Preservation Act. To sanction the Department’s construction activity not only undermines the environment; it also undermines the rule of law and ability of citizens of this nation to ensure their government abides by its own laws. We the undersigned groups ask you to use your Congressional oversight and legislative powers to request that the Department of Defense cease its stubborn behavior and address the Okinawa base construction in a thoughtful and respectful manner that complies with all U.S. environmental laws.

4.基本情報

沖縄ジュゴン訴訟の経緯

出典:ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)

「沖縄ジュゴン訴訟」の記事一覧|沖縄タイムス

沖縄ジュゴン米国NHPA訴訟、控訴審の訴訟資料一覧|日本環境法律家連盟

ジュゴン訴訟アーカイブス|日本自然保護協会

ジュゴン掲示板|ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)

辺野古問題 最新情報|沖縄県

5.関連報道・声明・文献等(日英)

≪和文記事≫

2019年

2019.03.23(沖縄タイムス)
ジュゴンが死んだ…米の自然保護12団体、辺野古工事の一時中止求める 下院に書簡

2019.03.20(沖縄タイムス社説)

社説[ジュゴンが死んだ]なぜ守れなかったのか

2019.03.20(沖縄タイムス)
絶滅危惧のジュゴン さらに危機的状況に 残り2頭も消息不明 環境団体「辺野古工事の影響か」

2019.03.19(時事通信)
辺野古移設中断、協議を=玉城沖縄知事、安倍首相とまた平行線

2019.03.05(毎日新聞)
ジュゴン訴訟報告会 /大阪(有料記事)


2019.03.04(AFP通信)
【写真特集】希少動物ジュゴン、個体数減の絶滅危惧種

2019.02.02(琉球新報)
地元協議なしは違反 米ジュゴン訴訟 原告が準備書面

2019.01.10(時事通信)
環境長官にウィーラー氏指名=エネルギー業界元ロビイスト-米

2018年

2018.12.14(琉球新報)
ジュゴン保護へ法的闘争を継続 生物多様性センターが緊急声明

2018.12.14(毎日新聞)
ジュゴン保護へ法的闘争継続 生物多様性センターが緊急声明/沖縄

2018.12.14(毎日新聞)

在日米軍再編 辺野古移設 土砂投入 届かぬ苦しみ、戻らぬ美ら海(その1) 市民ら抗議、政府に怒り

在日米軍再編 辺野古移設 土砂投入 届かぬ苦しみ、戻らぬ美ら海(その2止)

2018.12.03
工事の騒音影響か  沖縄県主張の新たな根拠に 辺野古ジュゴン2頭不明

2018.10.21(琉球新報)
公聴会開催求め書簡 ジュゴン訴訟 原告、米下院委に

2018.09.26(琉球新報)
ジュゴン訴訟 米高裁に控訴

2018.09.26(琉球朝日放送)
ジュゴン訴訟 控訴

2018.09.25(日本経済新聞)
沖縄ジュゴン訴訟で控訴 日米団体、普天間移設巡り

2018.08.04(琉球新報)
ジュゴン訴訟 「棄却おかしい」原告ら批判、落胆

2018.08.03(毎日新聞)
辺野古移設 米地裁、ジュゴン訴訟棄却 政府主張認める

2018.08.03(琉球新報)
沖縄ジュゴン訴訟の訴え棄却 米連邦地裁

2018.06.30(沖縄タイムス)
「沖縄ジュゴン訴訟」 新基地建設ストップする可能性も

2018.06.30(沖縄タイムス)
「沖縄ジュゴン訴訟」返答窮する米政府 初の実質審理

2018.06.30(沖縄タイムス)
米政府、主張の根拠示さず 「沖縄ジュゴン訴訟」米国で結審 数カ月内に判決か

2018.04.20(沖縄タイムス)
ジュゴン「文化的に重要」 米専門家チーム報告書 海兵隊にさらなる調査促す

2018.04.18(沖縄タイムス)
米ジュゴン訴訟とは…? これまでの経緯

2018.03.26(沖縄タイムス)
社説[辺野古・大浦湾]生態系保全へ対応急げ

2018.03.14(沖縄タイムス)
翁長知事、米ジュゴン訴訟に関与の意向 「利害関係者として意見交換したい」

2018.03.12(琉球新報)
沖縄県「利害関係者」表明へ 知事、原告と面談 米ジュゴン訴訟

2017年

2017.12.01(しんぶん赤旗)
F35B 嘉手納に最大26機 米海兵隊が配備計画

2017.11.30(女性自身)
「海の命残したい」 米ジュゴン訴訟原告団、辺野古視察で強調

2017.11.26(沖縄タイムス)
F35B、嘉手納基地に最大26機展開 騒音激化・基地負担増へ

2017.09.15(PRTIMES)
「沖縄のジュゴンを絶滅させない」ジュゴンと辺野古・大浦湾の豊かな自然を題材にしたドキュメンタリー映画『ZAN ?ジュゴンが姿を見せるとき?』の劇場公開が決定!

2017.08.22(しんぶん赤旗)
ジュゴン訴訟 原告主張認める 米控訴裁が地裁に差し戻し

2017.07.21(BARKS)
HAIOKA、ドキュメンタリー映画『ZAN』劇伴担当

2015年

2015.02.15(ニュースフィア)
辺野古ジュゴン保護訴訟、米地裁が棄却「基地移設止める権限ない」 地元紙反発

≪英文記事≫

2019年

2019.03.19 (Center for Biological Diversity)
House Armed Services Urged to Halt Airbase Construction to Save Okinawa Dugongs

2019.01.08(Center for Biological Diversity)
Legal Battle Begins in Appeal Challenging U.S. Base's Threat to Rare Okinawa Dugongs

2018年

2018.12.12(Center for Biological Diversity)
As U.S. Airbase Construction Starts in Okinawa, Legal Action Aims to Save Endangered Dugongs

2018.10.19(Asahi Shimbun via AP)
U.S. panel's foreign agent probe over Okinawa base triggers harsh response

2018.10.19(Center for Biological Diversity)
In Wake of Bizarre Bishop Letters, Congressional Hearing Sought on Okinawa Dugong

2018.09.25(The Japan Times via Kyodo)
Dugong activists appeal U.S. court ruling on Okinawa base transfer

2018.09.24(Center for Biological Diversity)
Legal Appeal Challenges U.S. Military Base Construction in Japan, Threat to Rare Okinawa Dugongs

2018.09.09(Consortium News)
World Scholars, Artists, Activists Call for Demilitarization of Okinawa

2018.08.28(Marianas Variety)
A closer look at the court ruling on the lawsuit against the Navy

2018.08.22(Pacific Daily News)

Opponents of military training in CNMI lose federal case

2018.08.22(Sapian Tribune)
BREAKING NEWS: ‘Defense, Navy did not violate NEPA, APA’

2018.08.15(Marianas Variety)
The case for the Northern Islands: Digging through the record

2018.08.03(Kyodo News)
U.S. court nixes suit to protect dugong from Okinawa base relocation

2018.08.03(Military.com via AP)
Judge Tosses Suit over US Base Relocation in Okinawa, Japan

2018.03(Stars and Stripes)
Judge tosses suit seeking to block Okinawa base relocation over endangered species

2018.08.02(Asahi Shimbun via AP)
U.S. judge tosses suit over Futenma base relocation in Okinawa

2018.08.02(Marine Corps Timesvia AP)
Judge tosses suit over Marine Corps air station relocation in Okinawa

2018.08.02(Courthouse News Service)
Judge OKs Okinawa Base, Despite Endangered Dugong

2018.07.09(Pacific Daily News)
Opponents say military training in CNMI was integral part of Guam realignment

2018.07.28(Courthouse News Service)
Jurisdiction Debated in Fight of Okinawa Military Base

2017年

2017.09.07(Earthisland Journal)
Northernmost Dugong Population Threatened by US Military Base

関連文献等

《英文》

2009.01.29 (The Asia-Pacific Journal: Japan Focus)

Yoshikawa Hideki, Dugong Swimming in Uncharted Waters: US Judicial Intervention to Protect Okinawa's "Natural Monument" and Halt Base Construction

2018.09.26 (WEBRONZA)

Natsuko Shimabukuro, Secret footage: dugong swimming in Henoko.

《和文》

2018.09.26 (WEBRONZA)

極秘映像!辺野古を泳ぐジュゴン、海ガメを連れて|島袋夏子

2018.08.08(株式会社ニューラル サステナビリティ研究所)

【アメリカ】連邦地裁、米軍沖縄辺野古基地でのジュゴン訴訟でNGO側敗訴。原告側は控訴の考え

2017.09.27(FoE Japan)
米国でのジュゴン訴訟(PDF)

2017.08.23(グリーンピースジャパン)
連邦地裁への差し戻しを歓迎ーー
「沖縄ジュゴン訴訟」、地元沖縄からも歓迎の声

2017.09.12(WEBRONZA)
ジュゴン訴訟「差し戻し」の重要性|桜井国俊

2013.01.24(沖縄・生物多様性市民ネットのブログ)
ジュゴンとマナティの研究書はジュゴン訴訟から始まっている!|河村雅美

2013.01.02(沖縄・生物多様性市民ネットのブログ)
ジュゴンが国際学会でヘレン・マーシュ博士の講演に|河村雅美


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteをご覧くださりありがとうございます。基本的に「戦う」ためのnoteですが、私にとって何よりも大切な「戦い」は私たち夫婦のガンとの戦いです。皆さまのサポートが私たちの支えとなります。よろしくお願いいたします。

Thanks for liking!
7

弱者切り捨てを進める勢力との戦い

不定期に更新中です。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。