特に何の目的もなくニューヨークを訪れてみる。

「旅をするのに目的は必要か。」

いざこう問われるとなんだか、「否、必要ではない」と答えてしまいそうで、生まれ持った反語的感覚には逆らえないんだなと思います。

けれど、じゃあ本当に「必要ではないのか」と問い直されれば、「やっぱり必要です」と言いたくなるわけで。

旅に目的は必要なのです。
少なくとも僕にとっては。

というか、目的のない旅は何をしてよいのか分からなくなってしまう。
その手持ち無沙汰感が怖いのです。

航空券や宿泊代等、そこそこの費用を払って「やることがない」という状況に、日本人がゆえ「MOTTAINAI」精神が疼くわけです。
目的もなく旅をするなんて、EXILE映画の製作費用くらいには勿体無い。
奴らは火薬をなんだと思っている。

だから、僕は旅に出ると必ず観光の予定をギチギチに詰め込みます。
やれ名所だ、やれ名物だ、とせわしなく目的地を作ってはコンプリートします。
僕は有意義に旅をしているんだと感じる、安心するのです。

けど、いざ旅が終わってみると、悲しくなるのは、めちゃめちゃ疲れていること。
そして、割に何も印象に残っていないこと。

休みを貰って疲れてくるなんて、恩を仇もいいところ。
目的を作ると、休めない。

そんなこんなで
「特に何の目的もなくニューヨークを訪れてみる。」
目的のない旅が、目的。
意識的に無意識、みたいな。

年末はニューヨークで過ごします。

この旅では、目的を持たない、作らない、詰め込まない。

特に何もしないぞー、と意気込んだ僕は、
かつてプーさんが残したこんな名言を思い出している。

「僕は、何もしていない、をしているよ。」

プー、君から教えてもらったことは数知れない。
ニューヨークではサーモンを買ってくるよ。
ついでに、ガイドブックはNYのゴミ箱に捨ててくるよ。
(MOTTAINAIので、後日メルカリで売る。)

年末のニューヨーク、仕事を辞めた僕、アナザースカイ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

たけだ( 元書店員/ WEBライター / イラスト描き )

webライターをやっている25才🙇‍♂️特に漫画や本の記事を書いてます📖前はwebの本屋さんでした📚イラストで描いてます🖌あるある/ギャグ1コマ漫画がメイン▼お仕事の依頼はメールにてお願い致します。takeda1993.writer@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。